ニュース

1Lの水を3分で濾過できる浄水ポット

 東レは、1Lを約3分で濾過できる浄水ポット「トレビーノ PT305SV」を5月中旬より発売する。価格はオープンプライス。市場想定価格は3,000円前後(税抜)。

トレビーノ PT305SV
2Lペットボトルよりもスリムで、ドアポケットにおさまる

 冷蔵庫のドアポケットに収まるコンパクトなポット型浄水器。1Lの水を約3分で濾過できる新開発の浄水カートリッジ「PTC.SVJ」を搭載した点が特徴。従来モデルで約5分かかった浄水時間を約2分短縮した。同社では、飲用だけでなく沢山の水を使う調理時にも役立つとしている。

新開発の浄水カートリッジ「PTC.SVJ」。従来よりスピーディーに浄水する

 浄水カートリッジ「PTC.SVJ」は、JIS12項目をクリア。遊離残留塩素や総トリハロメタンなど12種類の物質に対して80%の浄水能力を示している。濾材は活性炭とイオン交換体。濾過流量は0.3L/分。

 カートリッジの寿命は200L。交換時期の目安は1日3Lの使用で約2カ月。なおカートリッジ単品でも販売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は1個入りで1,980円前後。2個入りで3,780円前後。

 ポット本体の仕様としては、カートリッジの交換時期を示すダイヤルを採用している。衛生面では、全てのパーツを取り外して洗える。

 ポットのサイズは123×86×292mm(幅×奥行き×高さ)。本体重量は1.66kg(満水時)。あらかじめ浄水カートリッジ「PTC.SVJ」1個が付属する。

全てのパーツは取り外して洗えるので、衛生的という

 このほか、同社の従来モデルの家庭用浄水ポットも、新型カートリッジを搭載して発売する。浄水部の容量が1.1Lの「PT302SV」、1.3Lの「PT502SV」、2.0Lの「PT304SV」の3製品で、価格はいずれもオープンプライス。店頭予想価格は3,500円〜4,500円前後。

(小林 樹)