ニュース

エクレア、フィルターの手入れ不要なコンパクト空気清浄機

cado MP-C10

 エクレアは、フィルターをセルフクリーニングする小型空気清浄機「cado(カドー) MP-C10」を8月25日より発売する。希望小売価格は19,800円。

 エクレアは、長年ソニーで家電を開発してきた古賀宣行氏と、家電のデザインを手がけてきた鈴木健がパートナーを組んだ家電ベンチャー企業。昨年初めて空気清浄機を発売し、9畳〜55畳用の4機種をラインナップしている。

 MP-C10は、自動車内やトイレ、書斎などへの設置に適した、シリーズ最小モデルの空気清浄機。フィルターをセルフクリーニングする独自の光触媒技術「フォトクレアシステム」を採用している点が特徴となる。フォトクレアシステムとは、光触媒で覆われた活性炭フィルターにLEDの可視光を当てることで、フィルターに付着した有害物質、細菌、カビ、花粉、臭いを二酸化炭素と水に分解できるというもの。

 この光触媒技術によって、空気清浄能力が再生し、約6カ月は清浄能力を保つ。また、フィルター手入れの手間も不要となる。

 フィルターは、「活性炭フィルター」と立体ハニカム構造の「特殊帯電フィルター」の2層式を採用している。PM2.5などの有害物質も効率的に除去できるという。なお、フィルターの交換目安は6カ月。別売りの交換用フィルターの希望小売価格は1,800円。

 運転モードは、「弱/中/強」の3モードを用意する。消費電力は「弱」時で2.2W、「中」時で2.6W、「強」で4W。電源は、家庭のコンセントと車内のシガーソケットの2WAYで使える。

 適用容積は約1.5平方m。本体サイズは66×180mm(直径×高さ)で、500mlのドリンク缶とほぼ同じ大きさ。本体重量は約500g。カラーはシルバー、ブラック、ゴールド。

(小林 樹)