ニュース

フォアベルク、部屋の地図を作成して効率良く掃除するロボット掃除機

〜所要時間は“業界最速”、部屋の壁にフィットするD型デザイン採用

Kobold V(コーボルトV) R100

 フォアベルク日本は、部屋の地図を作成して効率的に掃除を行なうロボット掃除機「Kobold V(コーボルトV) R100」を、同社オンラインショップにて15日に発売した。直販価格は78,750円。店頭では、札幌/函館/神戸/福岡のフォアベルク日本のショールーム、および東急ハンズ名古屋店にて先行販売されている。

 ドイツの掃除機メーカー「フォアベルク」製のロボット式掃除機。同社は「ドイツで一番人気」「ドイツ国内でシェアトップ」としている。

部屋のマップを作ってから掃除を行なうため、効率的という

 コーボルトV R100の特徴は、「レーザーナビゲーションシステム」という効率良く掃除するためのナビゲーションシステムを搭載している点。同システムでは掃除開始時に、1秒間に1,800回の360度回転スキャンを行なった後、反時計回りで部屋の壁に沿って一周することで、部屋全体の地図を作成する。この地図に基づいて、部屋の内部の掃除を効率的に行なう。

 レーザーナビゲーションシステムでは、進行方向の障害物を避けたり、家具や置物に触れた時に対象物にダメージを与えないスピードで動くことも可能。同社では、一定の面積の掃除を完了するまでの所要時間を“業界最短”としている。

 また、複数の部屋の掃除にも対応。80〜100cm幅の空間をドアとして感知することで、部屋と部屋の間、または廊下を区別し、ひとつの部屋の掃除が終わった後、隣の部屋や廊下に移動する。

 本体デザインには、多くのロボット式掃除機で採用されている丸型ではなく、D字型の形状を採用。本体前面を円弧ではなく直線とすることで、本体側縁からブラシローラーまでの距離を短くするとともに、ゴミを掻き取るブラシローラーの横幅を“業界最長”となる24cmとした。このブラシローラーは毎分1,440回転で高速回転することで、床のホコリを強力に吸い上げるという。また、D字型の形状のため、部屋の角にもフィットするという。

 ブラシにはブラシローラーのほか、届きにくい壁際や部屋の隅のゴミを取り除くサイドブラシも採用。ホコリを撒き散らすことがないよう、幅は2.3cmに押さえている。なお、基本的に反時計回りで壁際を掃除するため、サイドブラシは本体右側のみ設置されている。

 センサーには、部屋の地図作りの際に壁の位置を感知する「壁センサー」と、段差を感知して本体の落下を防ぐ「ドロップセンサー」を搭載する。

 運転モードでは、家全体を掃除する「ハウス掃除」と、5×1.2mの範囲を部分掃除する「スポット掃除」の2モードを搭載。本体のボタンを押して切り替える。曜日ごとに15分単位で開始時間が選べるスケジュール機能も用意される。

 電源はリチウムイオン電池で、充電時間は約1時間半。バッテリー残量が少なくなると、自動的に充電ステーションへ帰還する。掃除の途中でバッテリーが少なくなった場合は、一旦充電ステーションに戻り、充電完了後に再度その位置で運転を再開する。電池の繰り返し充電回数は約800回。

 本体サイズは340×340×100mm (幅×奥行き×高さ)で、重量は約3.7kg。充電時の消費電力は42W。集塵容量は0.4L。連続運転時間の目安は約1時間。リチウムイオン電池の容量は4,400mAh。掃除範囲を制限する磁気テープと充電ステーションが同梱される。

(正藤 慶一)