記事検索
最新ニュース

パナソニック、レアアース高騰を受け、蛍光灯の一部製品を値上げ

パナソニックの電球形蛍光灯

 パナソニックは、蛍光灯の一部製品の価格について、製品の材料となるレアアースの価格高騰を受け、2012年1月1日から出荷する一部製品について値上げすることを発表した。

 引き上げの対象となるのは、蛍光灯のうち一部製品。具体的な製品名については現在公表されていないが、引き上げ率は、直管蛍光灯で19〜20%、丸形蛍光灯で14〜15%、電球形蛍光灯で20%、ツイン形蛍光灯で19〜20%になるという。目安として店頭での価格は100〜200円ほど上がるという。


品種 改定率
直管蛍光灯
一部製品
19%〜20%
丸形蛍光灯
一部製品
14%〜15%
電球形蛍光灯
一部製品
20%
ツイン蛍光灯
一部製品
19%〜20%

 レアアースは、蛍光灯の主要材料である蛍光体に使用されており、日本では主に中国からの輸入に頼ってきた。しかし、近年中国が資源保護に取り組み始めたことから、価格が高騰している。

 パナソニックでは、レアアースの価格高騰が、製品の製造コストを著しく押し上げており、製品を安定して供給していくために、価格の引き上げに踏み切ったとしている。







(小林 樹)

2011年11月17日 16:09