イベントレポート

文具

【国際 文具・紙製品展2013】
貼って剥がせる「セメダイン」と、縫わずにバッグを作る超強力な接着剤

 文具の商談市「国際 文具・紙製品展 ISOT」が、6月26日、東京ビッグサイトで開幕した。会期は28日までの3日間。一般および18歳未満の入場はできない。時間は10時から18時。

 家電Watchでは、オフィスや家庭で便利に使える文具を中心に取り上げる。

布やフィギュアにも使える、貼って剥がせる粘着剤

セメダイン「セメダインBBX」

 セメダインのブースは、貼って剥がせる強粘着剤「セメダインBBX」を展示していた。セメダインBBXの20mlタイプは昨年8月に発売しており、今年9月に10mlタイプを発売する。希望小売価格は順に683円、472円。

 セメダインBBXは、普通の接着材とは異なり、時間が経っても固まらない粘着剤。長期間に渡って粘着力を維持するため、物を繰り返し貼ったり剥がしたりできる点が特徴。紙だけでなく、布や皮革、フィギュアなどのプラスチック素材、木材や金属など、幅広い素材に対応する。

 完全に固着するわけではなく、空気中の湿気に反応して、弾力のあるジェル状に固まる。両面テープに比べ、曲面や立体的な形状など、形を選ばずに使える点がメリットとなる。

 例えば、フィギュアを立たせるのに便利という。細い足でも、足の裏に粘着剤を塗れば、安定して自立する。また、ふせんやシール感覚で紙や布を貼り付けられるので、店頭の販促ポップにも使える。

素材は変性シリコン
フィギュアの足裏につけると……
やや後ろ重心の「ダースモール」(C)像もしっかり自立した

 セメダインの岩原慎一郎 営業統括本部 第一事業部 企画開発グループ課長は製品について「これまで接着剤は、モノを“作る”か“直す”という目的を達成するために買うもので、販路はホームセンターがメインだった。ところがこのセメダインBBXは、さまざまな方々から高好評で、販路もホビーショップや家電量販店など広がっている」と話す。

一度つけた粘着剤は剥がしにくいので注意が必要
壁など斜めの場所にも取り付けられる。剥がしたあとの壁は汚さない

裁縫の必要無し! 強い粘着力で布バッグも作れる接着剤

コニシ「裁ほう上手」

 コニシの「裁ほう上手」は、針や糸を使わずにバッグや雑貨が作れる接着剤。コニシは接着剤「ボンド」の名で知られるメーカーで、これまでにも布用の接着剤を販売してきたが、「裁ほう上手」は従来より粘着力を高め、ミシンを使わずにバッグなどの雑貨を作れるようにした点が特徴。

 今年1月より手芸屋ルートで発売している。価格はオープンプライス。店頭予想価格は800円前後。

 使い方は、布や皮革などの素材に、ジェル状の接着剤を塗り、付属のハケで伸ばす。そこへもう1枚の素材を重ねる。これだけでも接着力があるが、さらにアイロンを当てて熱を加えることで、接着剤の強度が増す。乾くのが早いため、次々に作業できるという。

ノズルは細口で塗りやすそうだ
付属のハケで広げる
アイロンを当てることで粘着力が高まる
このように貼り合わせられる

 実際にブースに並べられているバッグ類を見ると、取っ手の部分だけでなく、内側のバッグの縁の部分など、全て一切糸を使わずに作られていて、一見しただけでは、普通のバッグとの違いがわからなかった。皮素材の部分も、布にしっかりくっついている。

ブースでは男性も使えるショルダーバッグが展示されていた
全て糸を使わずに作られたと聞いて驚いた
皮素材の持ち手もしっかりくっ付いている

 ちなみに、裁ほう上手で作ったバッグなどのアイテムは、洗濯やドライクリーニングにも対応する。裁縫が苦手な主婦や、ミシンのない家庭でも、子供の通学バッグやグッズを手軽に作れるという。また、ズボンのすそ上げにも使えるという。

接着部もきれいだ
内側の縁の部分も全て接着剤によって貼り合わされている
ヘアゴムなど小物も作れる
取っ手の付け根4カ所と、本体の縁を接着させたトートバッグの場合、耐荷重量約は2kg

(小林 樹)