記事検索
バックナンバー

やじうまミニレビュー

サンパック「ホットストーンアーム」

〜揉み玉をレンジで温めてじんわり気持ちいい新感覚マッサージャー
by 小林 樹


やじうまミニレビューは、生活雑貨やちょっとした便利なグッズなど幅広いジャンルの製品を紹介するコーナーです


サンパック「ホットストーンアーム」

 新年度の始まりには、新社会人の方もそうでない方も、気持ちを新たにして、なんとなく肩に力が入っている時期ではないだろうか。

 私はふだんからデスクワークが多くて肩が凝りやすいのだが、この時期はなおさらひどい。そこで試してみたのが、サンパックの「ホットストーンアーム」だ。

 ホットストーンアームは、肩や腰のツボを人力で押す指圧系マッサージャーだ。面白いのは、揉み玉を電子レンジでチンして、温めてからマッサージできる点だ。


メーカー サンパック
製品名 ホットストーンアーム
購入場所 Amazon.co.jp
購入価格 2,300円

 本体サイズは360×187×72mm(幅×奥行き×高さ)で、先端に白い揉み玉を搭載している。柄の部分は長く、先端の揉み玉に向かって弓なりに曲がっている。持ち手の部分は太く、握りやすい。重さは実測で345gで、持ってみると結構ズッシリしている。素材はプラスチックだ。カラーはレッドとブラックがあり、今回はレッドを選んだ。

持ち手の部分は太く、握りやすい 先端に白い揉み玉を搭載している 柄が長く、湾曲している

 使うにはまず、先端のキャップを回して、揉み玉を取り出す。キャップには「OPEN/LOCK」と記載されていて、開閉の方向がわかりやすい。

 取り出した揉み玉は、シリコンゴムで覆われていて、すべすべと滑らかな質感だ。このシリコンゴムの内部には、温かさを持続させる「電子レンジのマイクロ波を吸収する特殊セラミック」が収まっているという。

 電子レンジの加熱時間は、500Wで30秒、600Wで20秒が目安となっている。温かさが足りない場合は、10秒ずつ追加過熱すれば良い。

先端に収まっている白い揉み玉 キャップには「OPEN/LOCK」と記載されているのでわかりやすい
先端のキャップを回して、揉み玉を取り出す 手のひらサイズの揉み玉。重さは約138gで、結構ズッシリしている

 電子レンジで500Wで30秒温めてみると、加熱後に取り出した揉み玉は、かなり熱くなっていた。ヤケドするほどではないにしても、レンジで茶碗を温めた時のように熱を帯びているため、ミトンやタオルを使って取り出したほうが安心だ。

 直接手に取るとアツアツな状態の揉み玉だが、キャップ内に装着して肩や首に当ててみると、意外と心地良い温度だと思った。蒸しタオルのような、じんわりとした温かさだ。

 一番気に入ったのは、ただツボを押すだけでなく、温熱効果で血流が良くなったように感じる点。なんとなく肩の力が抜け、リフレッシュになった。

 揉み玉の温かい状態は、15分ほど続いた。すぐには冷めないので、首や肩、腰のツボを、ひととおり押すことができた。

ただツボを押すだけでなく、温熱効果でリフレッシュ感を味わえる 柄が長いので、片手で左右の左右の首・肩・腰に届く
後ろから見た様子 肩甲骨の内側のツボに入り、超気持ち良かった 腰もグイグイ押せる

 ほかに良かったのは、揉み玉の先が突起状で、首の筋や、肩甲骨の内側、背骨の脇など、ツボにググッと入ることだ。

 また柄の部分が長いため、片手で左右の首・肩・腰に届くのが嬉しい。グイグイ力を入れると柄がしなり、弾力のある指圧感が味わえる。

 ただし、本体は結構ズッシリしていて、10分以上持っていると重く感じてきてしまった。重いぶんマッサージには安定感があるが、この点は残念だ。

 もう1つ気になったのが、揉み玉をレンジで過熱すると、シリコンを加熱した独特のニオイが発せられる点。特に鼻に近い首周りを指圧する際に、ニオイが気になってしまう。ニオイに敏感な方はご留意いただきたい。

会社のデスクにひっかけて、肩こりが気になった時に使うことも

 もちろん揉み玉は繰り返し何度も温められるし、暑い夏場には、揉み玉を温めずにそのまま使える。収納場所としては、デスクや棚にひっかけて置けるので、使い勝手は良い。

 さて、いよいよ4月も後半戦。きたる5月病を予防するためにも、手軽に使えるマッサージャーを傍に置いて、身体を適度に労わってみてはいかがだろうか。






2012年 4月 19日   00:00