記事検索
バックナンバー

家電製品ミニレビュー

三洋電機「Steaven」 前編

〜置き場所に困らない! コンパクトなスチームオーブン
by 石井 和美
三洋スチームコンベクションオーブン「Steaven SOB-VS10」

 以前からずっと欲しかったスチームオーブンレンジ。手軽に蒸し料理ができ、唐揚げなども揚げずにふっくらおいしくできると評判だ。余分な脂や塩分もカットしてくれるというので、そろそろ健康に気をつかわなければならないアラフォー世代にとっては、魅力的な製品である。

 しかし、スチームオーブンレンジ導入を検討したときに直面するのが、置き場所の問題。各メーカーから魅力的なスチームオーブンレンジが発売されているが、どれもサイズが大きく、我が家では置ける場所がない。

 小さいサイズがあればいいのに…と何年も待ち続けていたが、昨年12月、ついにコンパクトなスチームコンベクションオーブン「Steaven(スチーブン) SOB-VS10」が発売された。今回は、このSteavenを前編・後編の2回に分けて紹介しよう。

 


メーカー 三洋電機
製品名 Steaven SOB-VS10
希望小売価格 オープンプライス
購入場所 Amazon.co.jp
購入価格 23,980円

電子レンジ機能はないが、オーブントースター並みにコンパクト

 Steavenは、過熱水蒸気による減塩・脱油調理ができるオーブンだ。従来のスチームオーブンレンジと一番違うのは、電子レンジ機能が省略されているということ。その分、本体サイズがコンパクトで、価格も2万円前後に抑えられている。我が家のように、電子レンジをすでに持っている家庭にはちょうどいい製品だ。

 本体サイズは400×372×250mm(幅×奥行き×高さ)。我が家で活躍中の、三洋電機の「オーブントースター SK-WA22」より一回り大きいほどのサイズ。これならトースター代わりに置くことができる。スチームオーブンレンジは、奥行が450mm以上のものが多いが、Steavenなら奥行は372mmで、狭い場所に置くこともできる。

 庫内には上下に遠赤外線ヒーターがあり、見た目はまるでオーブントースターのようだ。しかし、本体底面にスチームタンクを搭載し、蒸し料理にも対応している。遠赤外線ヒーターと組み合わせて、蒸し料理や焼き料理、それらの機能を組み合わせた料理など、幅広い調理にも対応している。消費電力は1,400Wとなっている。

カラーはプレミアムホワイトとプレミアムレッドの2色。プレミアムレッドはシックな赤で、どんなインテリアにも馴染む 遠赤外線ヒーターが見えるので、一見トースターのよう 遠赤外線ヒーターは上部にもある
スチームタンクに水を入れる。前面から引き出すことができる スチームタンクには満水ライン時で約450mlの水が入る

 蒸し温度は60〜120℃、オーブンは60〜250℃で10℃単位で設定できるため、料理に合わせて細かく調整可能。さらに、最高約250℃の過熱水蒸気によって脂と塩分を減らすヘルシー調理も可能だ。鮭の塩焼きや鶏の照り焼きから、油を使わないフライや唐揚げまでおいしく調理ができる。

 操作方法は大きく分けて「自動メニュー」と「手動」の2通りだ。自動メニューはトースト、冷凍トースト、トーストセット、鶏の照り焼き、焼き魚切身、唐揚げ、蒸し野菜、鶏肉と野菜の蒸し焼き、茶わん蒸し、温泉たまご、スフレケーキ、などのメニューが並んでいる。

 手動で指定するときはオーブン、グリル両面、グリル上火、蒸す、煮るから調理方法を選び、スチームが必要な場合は有無を選ぶ。あとはダイヤルで温度を決めて、時間を合わせる。操作はシンプルで直感的だ。すぐに使い方を覚えることができた。

 付属品は調理網、オーブン角皿、レシピブック、取扱説明書。レシピブックは100種類のレシピが掲載されており、オールカラーでとても見やすい。

操作はシンプル。すぐに覚えることができる。液晶の文字もハッキリ見やすい トースター(左)より一回り大きい程度。これなら場所をとらない! ダストトレーを引き出して洗うことができる
波型角皿を採用しており、余分な脂分は溝に落として仕上げることができる レシピブック付き カラーで見やすい

 実物は想像以上にコンパクトで使いやすそうだが、4人家族で調理した場合、量は足りるのか? ということも気になるところだ。では、実際に調理してみることにしよう。

「蒸し焼き」するトーストのおいしさに感激!!

 一番はじめに試したのはトーストだ。我が家ではオーブントースターの代わりにSteavenを使用するつもりだったので、トーストの焼き加減は大変気になるところだ。

 Steavenは、トーストするときにスチームの有無を選択することができる。日にちがたって固くなってしまったパンなども、スチームを使うとふっくらさっくり仕上げることができるという。

 本体には、パンとサイドメニュー2品を同時に2人分加熱できる自動メニュー「トーストセット」が搭載されているので、さっそくパンと一緒にハムエッグとブロッコリーを同時に調理してみることにした。

 アルミカップにハムと卵を割り入れ、塩こしょうをふりかけておく。ブロッコリーは小さく切り、チーズをまぶす。あとはスチームタンクに水を入れ、角皿にパンを手前側に置いて自動メニュー「3 トーストセット」で加熱するだけだ。加熱時間は10分と表示された。

 電源を入れると、あっという間に庫内がスチームで充満する。扉に水滴がついて、中の状態が見えないくらいだ。パンが入っているのに大丈夫なの……と不安になったが、そのまま様子を見ていると、途中でスチームが終わり、オーブンに切り替わってパンに焦げ目を付けていた。

2人分の朝食セットが一度にできる スチームタンクに水を入れてから、角皿をセットする あっという間にスチームが充満!! パンが入っているのに大丈夫なのか?
パンにきちんと焦げ目がついている パンにバターを乗せて食べてみた。中はふわふわ、外はこんがり。とてもおいしい!! ハムエッグは半熟状態

 ハムエッグはかなり半熟だったが、どれも火が通っている。特筆すべきは、パンのおいしさだ。

 パンを焼いているのに、扉がスチームでビショビショになったときはどうなることかと思ったが、できたパンはこんがり。中はふっくらしていて、外はカリッ。小麦の香りが引き立ち、焼いたばかりのパンのよう。ふつうにオーブントースターで焼くより、格段においしい。ごく一般的な安いパンだが、焼きたての手作りパンのようになる。

 我が家は4人家族なので、2人分しかできない自動メニュー「トーストセット」を利用するときは2回加熱しなければならないが、洗う手間などを考えれば、忙しい朝に重宝しそうな機能だ。何より、トーストの焼き加減が絶妙で素晴らしい。

 食パンだけなら、角皿を使わずに一度に4枚焼くことができる。Steavenがきてからというもの、ほぼ毎日のようにパンを焼き、幸せをかみしめている。スチームを組み合わせて、パンを焼くということに半信半疑だったが、いきなりスチームオーブンの魅力にはまってしまった。

蒸し器いらずで、手軽に蒸し料理が作れる!

 今までの電子レンジや、オーブンとトースターではできなかった加熱方法が「蒸し」だ。Steavenではスチームタンクを使って、手軽に蒸し料理を楽しめる。

 まず、試したのはふかし芋。サツマイモは洗って水気をふいたものを並べ、手動で「蒸す」で120℃、45分にセットする。

 蒸し器を出す必要がなく、事前に温めておく必要もない。水タンクに水を入れ、サツマイモを並べてスイッチを入れるだけなので、とても手軽だ。

 ふだん蒸し料理を作るときは、先に蒸し器でお湯を沸かしておく。湯気の立ったところに食材を入れなければならないが、Steavenは予熱の必要がないので、ヤケドの心配がない。

 できあがったふかし芋は芯までしっかり火が通っている。子供のおやつにもピッタリだ。

予熱をしなくてもいいのが嬉しい サツマイモを角皿に並べて50分加熱 ふかし芋がオーブントースターでできるなんて!

 ふかしておいしいものといえば、中華まん。レンジでチンするよりも、蒸し器でふかしたほうが生地がふんわりする。

 ふだんは水にくぐらせてラップしてレンジで加熱しているのだが、味はいま1つ。本当は蒸し器を出したいところが、中華まんをあたためるためだけに蒸し器を出すのが面倒なのだ。

 Steavenなら水にくぐらせた中華まんをお皿に載せ、手動で「蒸す」100℃で約18〜22分に設定するだけ。予熱やラップをする必要もない。

 ホッカホカに温まった中華まんは、蒸し器で蒸したように生地がふんわり。中の具もふっくらしていてとてもおいしい。レンジで加熱するより時間はかかるものの、中華まんのおいしさが引き立っている。

中華まんをふかすときは、平らなお皿に載せる 生地がふんわり、中身もジューシー。レンジで加熱するよりおいしい

 難しい温泉たまご作りも自動メニューがあるので簡単だ。角皿に濡らしたキッチンペーパーを敷き、玉子を入れる。自動メニューに「10 温泉たまご」があるので、あとはおまかせだ。約25分で加熱が終わった。

 温泉たまごは、温度調整が難しい。非常に面倒なので、ふだんは全く作っていないのだが、これなら簡単だ。できあがった温泉たまごの火の通り方は絶妙。とてもおいしそう!

 カルボナーラに温泉たまごを添えたところ、いつものカルボナーラがゴージャスな雰囲気になった。全体がなめらかになって、とてもおいしい。今回は2個だけ調理したが、一度にもっとたくさん作ることができるので、家族全員分の料理に温泉たまごを添えることもできる。牛丼やサラダなどにのせて食べてもおいしそうだ。

むずかしい温泉たまごも自動メニューでおまかせ カルボナーラに落とした温泉たまご。お店のようなゴージャスな見た目になった フォークでくずしてみると、中はトロトロに仕上がっていた

「過熱水蒸気」で鮭の切り身もふっくら。魚独特の生臭さも抑えられる

 Steavrnの最大の特徴は、最高約250℃の過熱水蒸気によって脂と塩分を減らすヘルシー調理だ。蒸し料理は、蒸し器を使えば、自宅でもできるが、過熱水蒸気調理は専用の機器がないとできない。そもそも、スチームオーブンレンジが欲しいと思ったのも、この過熱水蒸気調理が魅力的だったからだ。Steavenでは、コンパクトなサイズながら、過熱水蒸気調理もしっかり搭載している。

 まずは、スーパーで、安く売られていた鮭のカマで試してみた。鮭のカマはとても脂が多いが、過熱水蒸気を使ったヘルシー調理にするとどうなるのだろう。自動メニューの「5 焼き魚」を選び、切り身が大きかったので4人分で加熱した。かかった時間は17分。

脂の多い鮭のカマ。スチーム「入」にすればヘルシー調理に 焼き上がった鮭から脂が流れ出ている 左の鮭はガスグリルで焼いたもの。Steavenで調理した鮭は縮みが少なく、ふっくら

 角皿には鮭の脂が流れ出ている。ガスのグリルで焼いた鮭と比較してみたが、Steavenで調理した身は縮んでいないことがわかる。

 ひっくり返して箸を入れてみたところ、グリルで焼いた鮭は黄色い脂がたくさん出てきた。Steavenでヘルシー調理をした鮭は、脂がほとんど出てこない。

ガスグリルで焼いた鮭は、黄色い脂がたくさん出てきた Steavenでヘルシー調理した鮭は、臭みもなくさっぱりしている

 食べてみると、Steavenで調理した鮭はふっくらしており、上品な味になっている。グリルで焼いた鮭は非常に脂っぽく、魚特有の生臭いニオイも強い。

 グリルで焼いた鮭のほうがこってりしているが、Steavenで焼いた鮭のほうが最後まで飽きずに食べられる。

 そろそろ健康にも気をつけたいメタボ夫婦にとって、減脂、減塩でおいしく仕上げてくれる過熱水蒸気の調理は非常に嬉しい。ヘルシーになっても、ポソポソになったり、まずくなってしまったら悲しいが、これだけおいしいのなら全く問題はい。今後も過熱水蒸気を使ったヘルシー調理を積極的に活用していきたい。

 なお、切り身も4切れまで一度に加熱でき、4人家族でも一度で調理が済むので手間がかからない。

蒸し料理も手軽にできて便利!

 今回の前編では気軽にできる蒸し料理を中心にレポートしてきた。最初は、オーブントースター代わりとして考えていたが、蒸し料理までこれ一台でできてしまうので何かと便利だ。おやつにふかし芋を作ったり、中華まんを蒸したり、我が家ではフル稼働している。過熱水蒸気でふっくら焼ける魚の切り身も、ヘルシーなうえにおいしい。何かと使える一台だ。

 特に蒸し焼きしたトーストのおいしさには、感激してしまった。個人的には、このおいしさを味わえるだけでも、Steavenを購入する価値はあると思う。

 明日の後編では、過熱水蒸気で作る唐揚げや「余熱なしでもスポンジケーキが焼ける」というオーブン機能も検証する。






PR