家電Watch logo
記事検索
バックナンバー
【 2009/03/30 】
やじうまミニレビュー
DO-SEE「LEDライト付きスタンドルーペ」
[00:01]
家電製品ミニレビュー
ツインバード「コンパクトフライヤー EP-4694」
[00:01]
【 2009/03/27 】
家電製品ミニレビュー
三菱「蒸気レスIH NJ-XS10J」
[00:02]
やじうまミニレビュー
L.L.Bean「ボート・アンド・トート・バッグ」
[00:01]
【 2009/03/26 】
やじうまミニレビュー
アイリスオーヤマ「サイバークリーン」
[00:01]
家電製品長期レビュー
三洋電機「eneloop bike」(4/4)
[00:00]
【 2009/03/25 】
やじうまミニレビュー
オーエフティー「自動給餌機 Newビストロ」
[00:01]
家電製品ミニレビュー
日立「クリエア7 EP-CV1000」
[00:00]
【 2009/03/24 】
やじうまミニレビュー
「家庭菜園 かいわれくん」
[00:02]
長期レビュー
シャープ「プラズマクラスターイオン発生器&加湿空気清浄機」 (4/4)
[00:01]
【 2009/03/23 】
やじうまミニレビュー
撥水ペーパーのメモ帳と“現場仕様”のボールペンを試す
[00:01]
長期レビュー
三洋電機「eneloop bike」 (3/4)
[00:00]

やじうまミニレビュー
キープ袴田「育毛温泉キャップ」

〜お風呂で帽子をかぶって頭皮をスッキリ
Reported by 本誌:正藤 慶一

やじうまミニレビューは、生活雑貨やちょっとした便利なグッズなど幅広いジャンルの製品を紹介するコーナーです



キープ袴田「育毛温泉キャップ」
 生え際が退行気味という特徴を活かし、モミダッシュや頭皮用ブラシなどの育毛グッズをレビューでいくつか紹介した。改めて見返してみると、これらに共通しているのが“皮脂をいかに取り除くか”という点だ。

 頭皮の皮脂は、基本的に紫外線や雑菌などを防ぐという役割を持っているが、逆に時間が経つことで固まり毛穴の中に詰まることで、しっかりとした毛が生えてこないという弊害があるとされる。さらに、育毛剤が毛根へ入り込むのを防いでしまい、効果が発揮できないという問題もあるようだ。そのため、頭皮をマッサージしたり、小さなブラシで洗ったりして、毛穴から古い皮脂を取り除く、というのがセオリーとなっている。

 今回取り上げる「育毛温泉キャップ」は、お風呂で使用することで頭皮の皮脂を取り除くといういたって普通の育毛グッズなのだが、その方法はオリジナリティに溢れている。というのも、よくありがちなブラシ型ではなく、商品名そのままの“帽子”なのだ。帽子をかぶるだけで育毛できるのなら手軽だと思い、やや高めではあるが購入した。

販売元キープ袴田
企画制作ヘアドクター発毛科学研究所
希望小売価格9,240円
購入場所楽天市場
購入価格9,240円


キャップの頂部には穴が開いているが、これが本製品のキーポイント
 キャップはクロロプレーンゴムという合成ゴムを使用しており、厚く弾力があるが、触感はソフト。頭部にポッカリと穴が開いているが、これが皮脂を取り除くための重要なキーポイントとなる。

 作業手順は、シャワーで濡らした頭にキャップを装着し、キャップに付いているベルトで頭をきつく締める。私はかなり頭がデカい方だが、問題なく収まった。パッケージによれば52〜68cmまでの鉢まわりに使えるようだ。

 そして次が最大のポイント。シャワーを使って、42℃以下のぬるま湯を、キャップの穴の中に注ぎ入れる。つまり、頭の中をお湯で満たすのだ。これにより、頭皮を温められて毛穴が開くため、こびりついた毛穴汚れを溶かし、除去するという狙いがあるというわけだ。

 頭に湯を入れた状態で5〜10分湯船につかる。キャップ内にはお湯が入っているため、いくぶん重さを感じるが、特に辛いというわけではない。逆に、頭皮の隅々まで水が行き渡っている感じがして、気持ちが良い。ただし、動くとお湯がこぼれるため、ジーっとしているしかないのだが……。なお、キャップは基本的には水を通さないが、髪の毛のスキマから徐々に水が漏れるため、10分を過ぎた辺りでは、頭の中のお湯がなくなっていた。

 後は通常通り、髪を洗ってリンスをするだけ。その後に再度キャップを被る→お湯を入れる→湯に浸かる……をして、シャンプーやリンスの残りもしっかりと落とせば完了だ。育毛剤を使いたい場合はこの後に使う。


キャップをかぶったところ。本来は使用前に髪を濡らし、その後で装着する キャップの開口部からシャワーでお湯を注ぎ入れる。温度が高いと髪の潤いが失われる可能性もあるため、必ず42℃以下の低めに設定する キャップ内部にお湯がたまったところ。頭皮を温めることで毛穴を開き、内部に詰まった皮脂汚れを溶かす効果がある

キャップにお湯を入れたまま、5〜10分間湯船に浸る。首を傾けるとキャップからお湯がジャーと流れ出るため、良い姿勢をキープしてしまう 使用後に干しておけば、翌日には乾いている。我が家ではハンガー「HITOFUDE」に吊るしている

 使用後は、いつものシャワーよりもかなりスッキリした感じがした。また、翌日仕事から自宅に帰った後、頭皮を触ってみると、いつもは皮脂のヌルッとしたイヤな感触があるのだが、今日はそれがとても少ない。大げさな表現かもしれないが、“頭が軽い”のだ。早速効果があったようだ。

 説明書ではこのほか、キャップにお湯と水を交互に入れ変えることで血行を促進したり、油を落としやすい酢やウーロン茶を使うという用法も紹介されている。自分なりのやり方にアレンジできるというのも面白い。

 気になった点が、髪が使用前よりもパサついているところだ。これについて企画制作を務める「ヘアドクター発毛科学研究所」に確認したところ、熱すぎるお湯では、髪の毛に含まれる水分もお湯に流れてしまう恐れがあるという。そのため説明書では、キャップに入れる水の温度を「必ず42℃以下」にするよう強調されている。我が家の設定温度を改めて確認すると、45℃と明らかにオーバーだった。髪を傷めたくない人は、温度を低めに設定するのが良いだろう。

 普段の入浴にキャップをかぶるという作業を加えるだけなので、とても簡単に導入できるのがうれしい。継続して使用するのも大した苦労にならないだろう。簡単に育毛したい人はもちろん、頭皮の皮脂が気になる人、入浴後に頭までスッキリ・サッパリとしたい人にもお勧めしたい。





URL
  キープ袴田(販売元)
  http://www.keep-h.com/
  ヘアドクター発毛科学研究所
  http://www.hairdoctor.co.jp/
  製品情報
  http://www.hairdoctor.co.jp/shop/ikumoonsen/

関連記事
家電製品ミニレビュー
ツインバード工業「モミダッシュNEO」(2008/06/24)

やじうまミニレビュー
続・男の頭皮ケアグッズ3製品を試す(2008/01/24)

やじうまミニレビュー
男の頭皮ケアグッズ2製品を試す(2007/10/01)




PR  



2009/03/19 00:03

- ページの先頭へ-

家電Watch ホームページ
Copyright (c) 2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.