家電Watch logo
記事検索
バックナンバー
【 2009/03/30 】
やじうまミニレビュー
DO-SEE「LEDライト付きスタンドルーペ」
[00:01]
家電製品ミニレビュー
ツインバード「コンパクトフライヤー EP-4694」
[00:01]
【 2009/03/27 】
家電製品ミニレビュー
三菱「蒸気レスIH NJ-XS10J」
[00:02]
やじうまミニレビュー
L.L.Bean「ボート・アンド・トート・バッグ」
[00:01]
【 2009/03/26 】
やじうまミニレビュー
アイリスオーヤマ「サイバークリーン」
[00:01]
家電製品長期レビュー
三洋電機「eneloop bike」(4/4)
[00:00]
【 2009/03/25 】
やじうまミニレビュー
オーエフティー「自動給餌機 Newビストロ」
[00:01]
家電製品ミニレビュー
日立「クリエア7 EP-CV1000」
[00:00]
【 2009/03/24 】
やじうまミニレビュー
「家庭菜園 かいわれくん」
[00:02]
長期レビュー
シャープ「プラズマクラスターイオン発生器&加湿空気清浄機」 (4/4)
[00:01]
【 2009/03/23 】
やじうまミニレビュー
撥水ペーパーのメモ帳と“現場仕様”のボールペンを試す
[00:01]
長期レビュー
三洋電機「eneloop bike」 (3/4)
[00:00]

やじうまミニレビュー
メイダイ「勝野式 医学博士の低反発円座クッション」

〜ゲーマーにオススメ、長時間座っても疲れない座布団
Reported by 本誌:正藤 慶一

勝野式 医学博士の低反発円座クッション
 このところ腰が痛くて困っている。原因はアテがついていて、家でテレビを見たり食事をしている最中の姿勢が悪いことだ。というのも、我が家はテーブルやソファというものがなく、部屋でくつろぐ場合は床に座りこんであぐらをかいたりすることが多い。しかし、お尻に敷いている座布団がかなり古くなったせいか、クッションが悪くなってきた。そのため座骨にかなり負担がかかってしまっていたのだ。

 そこで、座り心地の良い座布団はないものかと探していると、いくつか見つかった製品の中から、いかにも効果がありそうな名前の製品があった。株式会社メイダイの「勝野式 医学博士の低反発円座クッション」だ。

 注目は、この製品は“医学博士”のお墨付きであるという点だ。なんでも、愛知県で整形外科を開業する医学博士の勝野浩氏が開発に関わっているとのことで、そのことから“勝野式”と銘打たれているのだ。座り心地を一度試してみたいと思い、楽天市場で定価の3,990円で購入した。

 本体は「円座クッション」という名前の通り円形で、サイズは43×8cm(直径×高さ)といったところ。クッションには負荷が掛かると沈み、なくなると戻る低反発素材を使用しており、手に取った感触ではかなり厚い。会社のイスに置いて使うという手も考えられるが、いくらか大きすぎ、厚すぎの感は否めない。というわけで、このコラムでは床に敷いて使用することをメインテーマとして話を進める。

 表面を触ってみると、ツブツブがついている面と、なめらかな感触の綿生地の面がある。前者は滑り止めの役割があり、この面が床に面するように置き、肌ざわりの良い後者の面に乗ることになる。ちなみにカバーは取り外して洗濯が可能だが、中の低反発素材は洗濯できない。


綿素材の面は手触りがソフト。説明書ではこちらに座るよう指示されている 滑り止めのツブツブがある面を床に向けて使用する

ジッパーを開けばカバーが取り外せる カバーの中からはクッション性の高い低反発素材が現れる
洗濯できるのはカバーのみ

 ここまであえて触れてこなかったが、本体の中央部には、こぶし大の穴が開いている。つまり、本製品はドーナツ型の形状になっているわけだ。はて、これは何のためだろうか? 原材料の削減? 単なるデザイン? 直販サイトによれば、腰とお尻を包み込みんで体重を分散し、座骨への負担を軽減してくれるための穴とのことだ。前述の勝野先生もサイト内で「(この穴が)座骨への圧迫を排除し、床ずれや痛みの原因となる骨の突起部を浮かせて臀部や大腿部で体圧を分散させます」と語っている。だから、長時間座っていてもお尻や腰にかかる負担を和らげてくれるというのだ。


中央部に穴が開いている点が特徴 この穴が、腰とお尻を包み込んで体重を分散させ、体への負担を減らすという

 仕組みはわかったが、実際のところはどうだろうか。さっそく床に座布団を置き、その上に座ってみた。座り心地は本当にソフト。重さが加わるため大分縮んでしまうが、それでもかなりのクッション力がある。裏側のツブツブも安定感があって良い。

 さて、問題の中央の空洞は、ほかの座布団と比べるとその効果がわかる。一度この円座クッションに座った後、空洞のない一般的な座布団に座ると、薄いせいもあるだろうが、確かに骨の突起部にかなりの負担がかかっているのがわかる。本製品なら、この穴が分散してくれるため、負担を感じることはない。

 また、空洞があることで、お尻がすっぽりと低反発素材に包まれる感触も良い。穴がなく平坦なままだと、クッション性は向上するかもしれないが、逆に居心地が悪く感じられてしまいそうだ。見た目にも“ここ目掛けて座ってくれ”と言ったメッセージが感じられて良い。深く腰掛けるとお尻が床に当たってしまうのでは、と心配を抱いたが、よほど深く腰掛けない限りは大丈夫だ。

 試しに敷いてゲームをやってみた。私はゲームをする際は数十分ごとに正座とあぐらを交代するのだが、どちらの座り方でも気持ちよく座れた。おかげでハマってしまい、3時間ほど続けてしまったが、その間、お尻にかかるストレスは特に感じられなかった。


あぐらをかいてゲームをしても疲れない 正座でも負担がかかりにくかった。写真ではツブツブ面を上にしているが、座り心地が良く気に入ってしまった

 気になったのは、今回購入したホワイトが、かなり汚れが目立ってしまう点だ。自分から選んでおいて言うのも何だが、特に私のように床に置いて使うとなるとなおさら汚れが付きやすい。ほかにレッドとブルーがあるので、汚れを気にする方は素直にそちらを選択するほうが良いだろう。

 特に、長時間同じ姿勢で座って、腰を痛めがちなゲーマーの方にオススメだ。テーブルとイスを買う前に、一度試してみてはいかがだろうか。





URL
  メイダイ
  http://www.k-meidai.co.jp/
  製品情報(楽天市場 メイダイ直販サイト)
  http://www.rakuten.co.jp/h-rescue/927114/896385/878306/

関連記事
やじうまミニレビュー
コジット「らくちん美尻クッション」(2008/04/11)




PR  




2008/09/03 00:13

- ページの先頭へ-

家電Watch ホームページ
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.