家電Watch logo
記事検索
バックナンバー
【 2009/03/30 】
やじうまミニレビュー
DO-SEE「LEDライト付きスタンドルーペ」
[00:01]
家電製品ミニレビュー
ツインバード「コンパクトフライヤー EP-4694」
[00:01]
【 2009/03/27 】
家電製品ミニレビュー
三菱「蒸気レスIH NJ-XS10J」
[00:02]
やじうまミニレビュー
L.L.Bean「ボート・アンド・トート・バッグ」
[00:01]
【 2009/03/26 】
やじうまミニレビュー
アイリスオーヤマ「サイバークリーン」
[00:01]
家電製品長期レビュー
三洋電機「eneloop bike」(4/4)
[00:00]
【 2009/03/25 】
やじうまミニレビュー
オーエフティー「自動給餌機 Newビストロ」
[00:01]
家電製品ミニレビュー
日立「クリエア7 EP-CV1000」
[00:00]
【 2009/03/24 】
やじうまミニレビュー
「家庭菜園 かいわれくん」
[00:02]
長期レビュー
シャープ「プラズマクラスターイオン発生器&加湿空気清浄機」 (4/4)
[00:01]
【 2009/03/23 】
やじうまミニレビュー
撥水ペーパーのメモ帳と“現場仕様”のボールペンを試す
[00:01]
長期レビュー
三洋電機「eneloop bike」 (3/4)
[00:00]

やじうまミニレビュー
パタカラ「ユーミー」

〜口の周りの筋肉を鍛えて笑顔美人を目指す
Reported by 本誌:阿部 夏子

パタカラ「ユーミー」
 写真を撮られるのが嫌いな理由の1つに笑顔に自信が持てないことがある。ファッション雑誌のモデルの笑顔を見てみると、あり得ないくらい口角が上がっていて、本当に可愛らしいと思うが、私にはとてもじゃないがマネできない。「まぁ元が違うから……」と半ば自棄気味で写真を撮られることを拒否し続けてきたが、最近モデルも笑顔の練習、器具を使ってのトレーニングをしているということを知った。

 あんなにかわいいモデルでさえ努力しているのだから凡人の私が努力を惜しんでどうする!! というわけで唇の周りの筋肉を鍛えるパタカラ「ユーミー」をさっそく購入した。メーカー希望小売価格は5,250円。Amazon.co.jpでの購入価格は4,380円だった。

 ユーミーは口の周りの筋肉「口輪筋」を鍛えるという器具。口輪筋の大部分は頬の周りの頬筋から形成されているらしいのだが、頬筋を鍛えることで口の周りの筋肉が左右に引っ張られて口角が上がるという。また、よく口をずっと開けている人がいるが(というか私もどちらかというとそう……)これも口輪筋が鍛えられていないからだという。そのほか、口輪筋をきたえると頬やフェイスラインが引き締まって小顔効果もある――これは女性なら誰もが求めている効果がてんこ盛りの製品だ。

 本体は専門のケースに入っている。中に入っているのは本体のほか、強度を上げるためのバネが2本、口の筋肉の強度を測る簡易計測器、砂時計が入っている。


本体は専用のケースに入っている 左から時計回りに専用ケース、強度アップのためのバネ、砂時計、本体、簡易計測器 製品パッケージの裏には写真付きでわかりやすく使い方が記載されている

本体正面
本体側面
力を加えると本体は曲がる

 使い方は簡単。本体を左右の唇に引っ掛けるようにして口の中にいれる。そのまま口を閉じてその状態を3分間維持する。これが基本的な使い方で、その動きに慣れてきたらバネを取り付けて強度を上げたり、本体の前面についているヒモを引っ張って左右、上下に動かすなどのバリエーションを加えていく。


強度を上げるために本体に取り付けて使用するバネ 口の外に出る部分にある突起にバネを取り付ける
バネを取り付けた様子

装着した様子。思ったより広範囲の筋肉を使う
 さっそく本体を口の中に入れてみる。口を閉じてみるとかなり抵抗を感じる。前述したとおり私はかなり口がユルい方、そのせいもあって、口を閉じているだけでもかなり力が必要だ。砂時計をひっくり返して3分間のトレーニングにチャレンジしてみた。

 結果から言うと、3分間維持することはできなかった。途中、口をパカッとあけて休憩を入れながらなんとか3分間を終えると、口の周りはジンワリと熱くなっていて、その熱さが頬の辺りまで広がっている。なんだか口の周りがムズムズとして、頬を左右に動かして頬のストレッチをしてしまった程。筋肉痛が心配されるくらいの疲労感が口の周りに広がっている。説明書によると、この3分間を1日4回続けると効果的だというが、4回連続でやるのはかなりきつそうだ。

 そのほか気づいたことは、見た目がかなり特異であるということ。実は職場での装着にもチャレンジしてみたのだが、同僚からは苦情が相次いだ。とてもお見せできるような状態ではないらしい。


装着しているところを側面からみたところ 手前に付いているヒモを左右に引っ張るとより効果的だという ヒモを下に引っ張っているところ

 もう一点気になったのが唾液だ。本体の形状は真ん中に穴が開いている。慣れてくればぴっちりと口を閉じて3分間キープできるのだろうが、数回やっただけではとても無理。自然の摂理で下をむいたり、器具を外すときは唾液が下に落ちてしまう。やはり、美への努力は人知れず行なえということなのだろうか。人前でのトレーニングは極力避けるべきだろう。

 さて、この製品には今まで見たことのないような計測器が付いてくる。口の周りの筋肉の強度を測る計測器だ。この計測器、用途はもちろん見た目も少し変わっていて、唇が厚いというイメージからなのだろうか、マンボウのモチーフが採用されている。

 この計測器は本体手前側にある、でっぱりにはめ込んで使う。計測器を設置したらあとはトレーニング時と同じように本体を口に挟んで唇を閉じる。その時の抵抗を計測して口輪筋の発達度合いを調べるというものだ。赤い目盛りが下にくるほど唇の筋肉が強いということらしい。


マンボウの形をした計測器 強度バネを取り付ける要領で本体に取り付ける

 私も試してみたが、結果は「リハビリ用」。つまり健康な成人としては、口の周りの筋肉が弱い方だという。もともと負けず嫌いの私の性格。目盛りで現在の状況がわかるというのはモチベーションの持続につながりそうだ。

 口の周りの筋肉を鍛えるというのは審美面での効果はもちろん、口を閉じ続ける筋肉が発達することでイビキの軽減や、ウィルスの侵入を防ぐ意味での風邪の予防にもつながるのだという。製品のパワーはかなり強力なので続ければ効果はかなり期待できそうだ。同社のホームページでは今回試したユーミー(やわらかい)のほかにもかため、リハビリ用、さらには子供や赤ちゃん用の製品まで揃えられていた。顔痩せや、口角アップを目的とした製品は最近数多く出回っているが、この製品はその中では、かなり本格的にトレーニングできる製品だと思う。

 4月は入学や入社など節目の出来事が多く、写真を撮る機会も増えるだろう。今から必死になってやれば十分間に合う。口輪筋を鍛えて自信マンマンの笑顔で写真を撮りたい。





URL
  株式会社パタカラ
  http://www.patakara.com/
  製品情報
  http://www.patakara.com/iryo-hp/b/patakaranoshurui.html



PR  




2008/03/06 00:04

- ページの先頭へ-

家電Watch ホームページ
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.