家電Watch logo
記事検索
バックナンバー
【 2009/03/30 】
やじうまミニレビュー
DO-SEE「LEDライト付きスタンドルーペ」
[00:01]
家電製品ミニレビュー
ツインバード「コンパクトフライヤー EP-4694」
[00:01]
【 2009/03/27 】
家電製品ミニレビュー
三菱「蒸気レスIH NJ-XS10J」
[00:02]
やじうまミニレビュー
L.L.Bean「ボート・アンド・トート・バッグ」
[00:01]
【 2009/03/26 】
やじうまミニレビュー
アイリスオーヤマ「サイバークリーン」
[00:01]
家電製品長期レビュー
三洋電機「eneloop bike」(4/4)
[00:00]
【 2009/03/25 】
やじうまミニレビュー
オーエフティー「自動給餌機 Newビストロ」
[00:01]
家電製品ミニレビュー
日立「クリエア7 EP-CV1000」
[00:00]
【 2009/03/24 】
やじうまミニレビュー
「家庭菜園 かいわれくん」
[00:02]
長期レビュー
シャープ「プラズマクラスターイオン発生器&加湿空気清浄機」 (4/4)
[00:01]
【 2009/03/23 】
やじうまミニレビュー
撥水ペーパーのメモ帳と“現場仕様”のボールペンを試す
[00:01]
長期レビュー
三洋電機「eneloop bike」 (3/4)
[00:00]

やじうまミニレビュー
タミヤ「ループウイング風力発電工作セット」

〜風力発電の仕組みを体感できる工作キット
Reported by スタパ齋藤

「ループウイング風力発電工作セット」を組み上げたところ。ループウイングと呼ばれる一歩進んだ風力発電用風車を採用している
 夏だ!! 太陽だ!! 風車だッ!! ナゼだ? 真夏の乾いた風を受けて回る風車を見て涼を感じる、というのもあるんですけど、風車による風力発電を体験するためだッ!! ついでに、夏休みの自由研究系宿題にもオススメしていきたい!!

 てなわけで試してみたのが、タミヤから発売されている「ループウイング風力発電工作セット」。Amazon.co.jpでのお値段は3,500円(送料込み)てな感じ。

 コレ、エコなエネルギー源として注目されている風力発電のシクミを体験できる工作キットなのだ。使われている風車のタイプは“3次元ループウイング型”と呼ばれるもの。従来のプロペラ型風車と比較すると、空気の渦を起こしにくいため騒音が非常に少ない、低い回転速度での発電が可能、振動が少ない、高速回転に陥ってのトラブルを抑えられる、その外見から恐怖感を与えにくい等々、様々なメリットを持ったニュータイプの風車だそうだ。

 工作キットと言っても、ぶっちゃけた話、中身はプラモデル的な組み立てセット。今時のプラモデルなので、接着剤不要。本セットとニッパー、カッターナイフ、ハサミ、小振りのプラスドライバーがあれば誰でも作り上げることができ、その“風力発電のシクミ”を体験できる。


「ループウイング風力発電工作セット」のパッケージ。フツーのプラモデルって感じですな 中身は今時的なプラモデル。このセットに加え、カッターナイフ、ハサミ、プラスドライバー、それからニッパーあたりまであると容易にキットを組み立てられる 説明書の一部。接着剤は不要だが、回転機構部等にグリス(付属品)を塗る必要がある

 早速作ってみたところ、組み立てに必要な時間は30分くらいという感じ。風車となるループウイング部分を立体的な樹脂土台から切り出す作業にいちばん時間がかかったが、難しいトコロは特にナシ。プラモデルとして考えると、お値段のわりにはアッという間に組み立てられちゃう感じであり、なんかお得感が希薄!? しかし、その後の“風力発電体験”が案外楽しい。組み立て〜機構の理解〜実体験、という一連の楽しみ・意義を考えれば、納得がいった拙者。

 組み上がったキットは、風車・発電機構部分と蓄電・駆動部分から成る。後者は、蓄えた電気により自走するモーターカー。風が風車を回し、風車の回転で発電し、その電気をクルマに蓄え、クルマが走る、という風力発電における一連の動作とその意義を体験できるというわけだ。


3次元ループウイング型風車を持つ発電機部分 蓄電機構を持ち、その電力で走るモーターカー部分 左が風車側に取り付けられる発電モーターで、右がモーターカー側に取り付けられる蓄電ユニットおよびモーター。コンデンサに蓄電するようですな

 組み上げ後、早速、風力発電と電力利用を体験してみた。このループウイング、風があまり強くなくてもよく回る。真夏、「あぁ〜爽快!!」と感じるくらいの風だとチョー良く回る。風の強さとモーターカーへの充電時間の目安はタミヤのサイトにあるが、ある程度の風があれば短時間で発電〜電力の利用を体験できる。


【動画】風で風車が回っているところ。途中、風車が止まったように見えるのは、風車が高回転にて回っているから。髪がなびく程度の風で十分しっかりと回っちゃうのである(WMV形式,2.1MB) 【動画】風車で発電した電気により走行するモーターカー。低速で走るだけだが、風車の回転がモーターを駆動させる電力へと変換されたことを実感できる(WMV形式,503KB)

 てな感じの発電体験キットなんであるが、若人な気分で考えるにおいて、こういう体験は非常に興味深い。説明書には発電の理由や方法、これからの発電に関する課題、3次元ループウイング型風車の現状も書かれている。電気エネルギーをより身近にする体験キットとして充実した内容であり、体験としても意義深いと思う。

 既に完成したカタチで何らかの装置を見たり得たりできる便利な現代だが、その原理を理解する機会は少ない。ま、知らなくてもダイジョーブですけど、知ると、やはり、得るものがあるわけですな。怠惰になりがちな知への行動を自然な流れで誘発する、という観点で、なんかコストパフォーマンスが高いキットだなぁ、とか感じた次第である。





URL
  株式会社タミヤ
  http://www.tamiya.com/japan/j-home.htm
  製品情報
  http://www.tamiya.com/japan/products/75021loopwing/index.htm
  ループウィング株式会社
  http://www.loopwing.co.jp/



PR  




2007/08/23 00:00

- ページの先頭へ-

家電Watch ホームページ
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.