家電Watch logo
記事検索
バックナンバー
【 2009/03/30 】
やじうまミニレビュー
DO-SEE「LEDライト付きスタンドルーペ」
[00:01]
家電製品ミニレビュー
ツインバード「コンパクトフライヤー EP-4694」
[00:01]
【 2009/03/27 】
家電製品ミニレビュー
三菱「蒸気レスIH NJ-XS10J」
[00:02]
やじうまミニレビュー
L.L.Bean「ボート・アンド・トート・バッグ」
[00:01]
【 2009/03/26 】
やじうまミニレビュー
アイリスオーヤマ「サイバークリーン」
[00:01]
家電製品長期レビュー
三洋電機「eneloop bike」(4/4)
[00:00]
【 2009/03/25 】
やじうまミニレビュー
オーエフティー「自動給餌機 Newビストロ」
[00:01]
家電製品ミニレビュー
日立「クリエア7 EP-CV1000」
[00:00]
【 2009/03/24 】
やじうまミニレビュー
「家庭菜園 かいわれくん」
[00:02]
長期レビュー
シャープ「プラズマクラスターイオン発生器&加湿空気清浄機」 (4/4)
[00:01]
【 2009/03/23 】
やじうまミニレビュー
撥水ペーパーのメモ帳と“現場仕様”のボールペンを試す
[00:01]
長期レビュー
三洋電機「eneloop bike」 (3/4)
[00:00]

やじうまミニレビュー
アーネスト「5本指クッキンググローブ」

〜熱いものでも細かい作業ができる調理用シリコン手袋
Reported by 本誌:伊藤 大地

5本指クッキンググローブ
 普段、ほとんど料理をしない私だが、例外的に調理するのがスパゲティだ。麺をゆでて、ゆで汁とオリーブオイル、ニンニクで簡単なソースを作り、ゆであがった麺と絡めていただく。至福の瞬間だ。

 ところが、面倒な作業が1つある。ゆであがった麺を皿に盛りつける作業だ。早く食べたい一心で、焦ってしまうせいか、トングや箸を使っても、麺がすべり落ちてしまってなかなかスムーズに盛りつけが終わらない。いっそ手づかみで盛りつけができれば楽なのだが、と思っていたところ、そうしたニーズに応える製品があることがわかった。アーネストの「5本指クッキンググローブ」である。Amazon.co.jpでの購入価格は1,980円だった。なお、1パッケージには片手分しか入っていないので、両手で使う場合は、2つ購入する必要がある。

 この製品は、その名の通り、5本指に分かれた料理用のグローブだ。通常のミトンは人差し指から小指までは、1つのポケットに入れてしまうため、ごく簡単な作業しか行なえない。しかし、5本指に分かれていると、指が自由になるため、菜箸を持ったり、より細かい作業ができるようになる。

 もう1つの特徴が、素材に耐熱シリコンを用いたことだ。布製のミトンは、オーブンレンジからトレイを取り出したりする分には不自由はないが、それこそゆでたスパゲッティを盛りつけるなど、水分を含んだ製品では、まったくその効果を発揮できなくなってしまう。


パッケージ
表面にはハート型の突起が付いている 手首の位置に製品名の刻印が入っている

ひもを通すための穴が開いている 内側にも突起が付いており、手から外れるのを防いでいる 5本指に分かれているので、指が動かしやすい

片手分の重さは178gとけっこう重い
 一方、この製品では水をはじくシリコンを用いているため、ゆでた食品など熱湯を扱うこともできるわけだ。製品説明によると、220℃までの熱に耐えられるという。オーブンレンジの低温域までなら大丈夫ということだ。

 さっそく使ってみよう。まず、袋から取り出すと、その重さに驚く。量ってみると、片手分で178gもある。大きさはフリーサイズとなっており、やや大きめ。かなり大柄な男性をのぞけば、ほとんど装着に問題を感じることはないだろう。

 グローブの表面には小さなハート型の突起が無数に付いており、これが滑り止めの役目を果たす。シリコンは単体でも滑り止め効果があるが、さらに突起が加わることにより、落とすとやけどにつながる鍋やオーブンレンジのトレイなどを持つ場合でも、安心感がある。また、手からグローブが滑り落ちないように、グローブの内側にも小さな突起が付いている。

 実際に手に装着すると、シリコンがしっとりと手に吸い付くような感覚がある。5本指に分かれているため、指先を使う細かい作業でなければ、グローブを付けたままでも包丁で食材を切ったり、たいていのことはこなせそうだ。

 まず、はじめの目的通り、ゆであがったスパゲティを盛りつけるのに使ってみた。

 結果から言うと、とても便利だ。鍋からザルにうつし、スパゲティを直に盛りつけられる。箸の場合だと、一人分を盛るのに何回もザルと皿の間で往復しなければならないが、グローブを使うと、1回で適量をつかめるので圧倒的に楽だ。


ゆであがったスパゲティを直につかんで盛りつける。実に簡単だ ゆで卵も鍋から直接取り出せる すぐに皮をむけば、温かいまま料理に使える

ゆであがったジャガイモを取り出して…… すぐに皮をむく。ポテトサラダを作るのも簡単だ 使用後は食洗機で洗える

 気になる耐熱性だが、まったく温度が手に伝わらないというわけではない。作業をしているうちに、じわじわと手袋の中も熱くなってくる。しかし、やけどをするレベルではないので、実用上、大きな問題はない。

 ちなみに、購入当初はゴムくさいというか、シリコン特有の化学臭がしていたが、水で一度洗ってしまうと、そのニオイは気にならなくなった。食品を扱う際には、まず、しっかりと洗ってから使うことをおすすめする。

 現在、前述のスパゲッティはもちろん、現在はゆで卵や、ゆでたジャガイモの皮むきで使用している。特にジャガイモとの相性は抜群で、ちょっと表面をこすってやるだけでどんどん皮がむけていく。ポテトサラダを作る際、重宝している。

 後片付けが簡単なのも、この製品の利点だ。布製のミトンでは、汚れたら洗濯するしかキレイにする方法がないが、クッキンググローブではシリコン製でそもそも汚れが染みこまないため、水で流してしまえば、それで手入れが終了する。

 もし、油が付いた場合は台所洗剤で洗えばよい。また、グローブそのものに耐熱性があるため、食器洗い乾燥機でも洗える。扱いとしては、食器と同じ感覚だ。

 片手で約2,000円と、ミトンとしてはかなり高いことと、多少、熱が手に伝わってしまうことを納得できれば、十分、実用的な製品だと思う。また、普通のミトンに比べれば、安全性も高い。実用的なグッズとして推薦したい。





URL
  アーネスト株式会社
  http://www.ar-nest.co.jp/
  製品情報
  http://www.ar-nest.co.jp/gohonyubikultukiguro-bu.html



PR  




2007/06/27 00:00

- ページの先頭へ-

家電Watch ホームページ
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.