家電Watch logo
記事検索
バックナンバー
【 2009/03/30 】
やじうまミニレビュー
DO-SEE「LEDライト付きスタンドルーペ」
[00:01]
家電製品ミニレビュー
ツインバード「コンパクトフライヤー EP-4694」
[00:01]
【 2009/03/27 】
家電製品ミニレビュー
三菱「蒸気レスIH NJ-XS10J」
[00:02]
やじうまミニレビュー
L.L.Bean「ボート・アンド・トート・バッグ」
[00:01]
【 2009/03/26 】
やじうまミニレビュー
アイリスオーヤマ「サイバークリーン」
[00:01]
家電製品長期レビュー
三洋電機「eneloop bike」(4/4)
[00:00]
【 2009/03/25 】
やじうまミニレビュー
オーエフティー「自動給餌機 Newビストロ」
[00:01]
家電製品ミニレビュー
日立「クリエア7 EP-CV1000」
[00:00]
【 2009/03/24 】
やじうまミニレビュー
「家庭菜園 かいわれくん」
[00:02]
長期レビュー
シャープ「プラズマクラスターイオン発生器&加湿空気清浄機」 (4/4)
[00:01]
【 2009/03/23 】
やじうまミニレビュー
撥水ペーパーのメモ帳と“現場仕様”のボールペンを試す
[00:01]
長期レビュー
三洋電機「eneloop bike」 (3/4)
[00:00]

家電製品ミニレビュー
ソニー「EnergyLINK CP-3H2K」

〜USB機器も充電できる多機能ポータブル充電器
Reported by 本誌:伊藤 大地

EnergyLINK CP-3H2K
 職業柄、出張が多い。日常的に持ち歩く携帯電話はもちろんとして、移動時間の長い出張時は、音楽プレーヤーやゲーム機は必須アイテムだ。

 かといって、それぞれの充電器を持ち歩くのはかさばるし、そもそもホテルには4つも5つもコンセントの口があるわけではない。結局、ゲーム機をあきらめたり、音楽プレーヤーをあきらめたりしている。そんな折、ニッケル水素充電池用の充電器でありながら、USBへの給電もできるという製品が登場した。ソニーの「EnergyLINK CP-3H2K」だ。私のニーズにぴったりだ。これはもう買うしかない、ということで購入した。ヨドバシカメラでの購入価格は4,980円だった。

 本体サイズは120×25×69mm(幅×奥行き×高さ)。一般的な単三型4本用の充電器に比べると、一回り大きい印象だ。1度に充電できるニッケル水素充電池は2本まで。充電時間は約3時間。単三型専用で、単四型のニッケル水素充電池は非対応となっている。電圧はAC240Vまで対応しているので、海外でも使用できる。

 本体には、USBポートとUSB給電をON/OFFするスイッチ、動作状況を示すランプが搭載されている。


パッケージ
付属物一式。本体、充電池2本、USBケーブル、携帯電話用コネクタ3本が入っている。 本体表面はつや消しのブラック

本体背面に単三型のニッケル水素充電池2本が入る 本体表面の穴から電池が見える USBへの給電をON/OFFするスイッチと、動作状況をランプで知らせるインジケータ

USBポート
プラグは90度回転して本体内に格納できる 同梱の充電池は最低容量1,900mAのニッケル水素充電池

内蔵充電池で携帯電話を充電しているところ
 USBポートには、パソコンなどにつないで電池を充電する機能はない。USBにつないだ製品への充電のみに対応している。本体にはUSBケーブルとFOMA用、PDC用、cdmaOne用3つの携帯電話コネクタが用意されており、携帯電話と充電器をケーブルで接続することで、充電できるようになっている。また、音楽プレーヤーや携帯ゲーム機もUSB充電ケーブルさえ用意しておけば充電可能だ。

 ちなみに、このUSBへの給電機能、コンセントに差したときだけではなく、中に入れた充電池を電源にできるのが最大の特徴だ。もし、コンセントに差したときにしか充電できなければ、それは結局、携帯電話なり、音楽プレーヤーなり、専用のACアダプタの代わりをしているのに過ぎない。

 しかし、この製品ではニッケル水素充電池を電源にUSBポートへ給電可能なため、外出先や移動中など、コンセントがない環境でも充電できる。コンビニなどで、携帯電話用として、乾電池とコネクタが一体型になった充電器が販売されているが、それをUSBに応用したものだと思えばよい。

 もっとも、USBポートへの給電時間は最大1時間なので、1回で複数の機器を充電したり、全くカラの状態から満充電するのは難しいだろう。あくまでも緊急用と考えた方がよさそうだ。

 実際に使用する前は、ニッケル水素充電池用の充電器に、おまけとしてUSB機能が付いたものであるように感じていた。しかし、充電池用充電器として考えると、一度に充電できるのは単三2本までで、しかも単四は対応しないなどの制限がある。というわけで、実際に使った後では、充電池用充電器とUSB機能の位置づけは逆転し、「いざというときには電源にもなる万能充電器」という印象に変わった。

 サイズがやや大きいので、日常的に持ち歩くことはしないだろうが、出張時には幅広く使える充電器として重宝しそうだ。


電池込みの重量は165gだった
電池なしでは113g

エネループ用の急速充電器「NC-M58」と大きさを比較 CP-3H2Kの方が一回り大きい CP-3H2Kの方が若干薄い




URL
  ソニー株式会社
  http://www.sony.co.jp/
  製品情報
  http://www.ecat.sony.co.jp/battery/charger/acc/index.cfm?PD=27454&KM=CP-3H2K

関連記事
ソニー、USBポートを備えたポータブル充電器(2007/04/02)
米Sony、USBポートを備えたニッケル水素充電池の充電器(2007/02/28)



PR  




2007/04/11 00:01

- ページの先頭へ-

家電Watch ホームページ
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.