家電Watch logo
記事検索
バックナンバー
【 2009/03/30 】
やじうまミニレビュー
DO-SEE「LEDライト付きスタンドルーペ」
[00:01]
家電製品ミニレビュー
ツインバード「コンパクトフライヤー EP-4694」
[00:01]
【 2009/03/27 】
家電製品ミニレビュー
三菱「蒸気レスIH NJ-XS10J」
[00:02]
やじうまミニレビュー
L.L.Bean「ボート・アンド・トート・バッグ」
[00:01]
【 2009/03/26 】
やじうまミニレビュー
アイリスオーヤマ「サイバークリーン」
[00:01]
家電製品長期レビュー
三洋電機「eneloop bike」(4/4)
[00:00]
【 2009/03/25 】
やじうまミニレビュー
オーエフティー「自動給餌機 Newビストロ」
[00:01]
家電製品ミニレビュー
日立「クリエア7 EP-CV1000」
[00:00]
【 2009/03/24 】
やじうまミニレビュー
「家庭菜園 かいわれくん」
[00:02]
長期レビュー
シャープ「プラズマクラスターイオン発生器&加湿空気清浄機」 (4/4)
[00:01]
【 2009/03/23 】
やじうまミニレビュー
撥水ペーパーのメモ帳と“現場仕様”のボールペンを試す
[00:01]
長期レビュー
三洋電機「eneloop bike」 (3/4)
[00:00]

家電製品ミニレビュー
Numatic「ヘンリー」

〜英国生まれのキュートな掃除機
Reported by 本誌:伊藤 大地

ヘンリー
 あなたは“Made in UK”の工業製品を、持っているだろうか。自分の身の回りの工業製品を調べてみると、かろうじて輸入盤のCDに、ドイツ製やフランス製が含まれているくらいで、ほとんどが日本、中国、台湾、韓国といったアジアのものばかり。

 そんな中、今日紹介する「ヘンリー」は、イギリス企画、イギリス生産の、純粋な“Made in UK”の掃除機だ。イギリス・サマセットにあるNumaticによるこの掃除機は、そのルックスで一部に熱狂的なファンを持つ製品だ。国内では正規代理店のHenry Houseなどが販売している。価格は45,000円だ。

 ユニークな外見について語りたいところだが、まずは機構を見ていこう。構造的には、紙パック式の掃除機で、業務用クリーナーによくある、円筒形のボディの中に、大きめの紙パックや、細かいチリをキャッチし、排気をキレイにするフィルター、モーターユニットが搭載されている。消費電力は1,200W。重量は6.6kgと若干重めだ。

 使い勝手の面では、コードリールがないこと、電源スイッチが本体にしかないこと、ホースが長いことなどが特徴。コードリールと電源スイッチについては、ヘンリー君に限らず、多くの海外メーカーの掃除機に共通なので、むしろ、普段慣れ親しんでいる日本の掃除機の方が特殊といっても良いだろう。ホースの長さは、慣れるまで少々時間がかかるかもしれない。

 吸引力については、秒間43.5Lとスペックシートにある。一般的な指標となる吸込仕事率のデータがないので、純粋な比較はできないが、模擬ゴミを吸い込ませる実験を何度か繰り返した感じでは、国内メーカーの高級モデルと大きな差は感じない。

 むしろ、全体的な使用感でいうと音が大きめな点と、ホースの長さ、コードリールがない点などを考えると、業務用の掃除機に限りなく近い印象だ。

 それもそのはず、Numaticは、業務用クリーナーが本業のメーカーで、イギリスではトップシェアを誇っているという。たしかに、本家のサイトにアクセスしてみると、デザインや、キャラクターを前面に押し出した感じは微塵もなく、ヘンリー君でさえ、ビジネスライクなつくりのページで、淡々と紹介されている。公共施設への採用例も多く、イギリスの首相官邸や国会議事堂、ロンドン・ヒースロー国際空港、パリ・シャルル・ド・ゴール国際空港、フランクフルト国際空港などで活躍しているという。


右側面
背面
左側面

フタと兼用になっているモーターユニットを外すと、フィルターが現れる フィルターを取ると、紙パックが現れる。かなり大きめ パーツを外しても、表情は変わらない

電源スイッチは本体後部にある フタと兼用になっているモーターユニット。本体重量のほとんどは、このパーツの重み 画だけで組み立て方が説明されている。文字は一切ない

Henry Houseにセット。心なしか、ヘンリーもうれしそう
 掃除機としての機能はともあれ、ヘンリーがヘンリーたるゆえんはこの外観にある。顔立ちや色合いから感じられる雰囲気は、同じイギリス出身の人気キャラクター、「きかんしゃトーマス」に通じるものがある。今回はレッドを試用したが、カラーリングはホワイト、グリーン、ブルー、イエローと全部で5色ある。顔の造作は共通で、ちょっと上目遣いに大きな鼻で、得意げな表情をしているように見える。

 気になる「ヘンリー」という名前の由来についてだが、日本語版の公式サイトによると、「イギリスの貴族の家に仕える執事によくある名前だったため(中略)執事のようにご主人様のために働く優秀かつ忠実な召使いという意味も込めました」とある。“執事”というのもまた、イギリスらしいではないか。執事にしては、かわいさが勝ちすぎている気がするが……。

 同社の製品一覧ページを見ると、ヘンリーを筆頭に、ジェームズにチャールズ、ジョージと、これでもかといわんばかりに畳みかけてくる。

 さらに驚きなのはディスプレイ用の“家”があることだ。「Henry House」と呼ばれる、家の形をしたプラスチック製の台座にヘンリー君を置くと、かわいらしいインテリアに早変わり、というわけである。こちらは8,500円で販売されている。

 実際に触ってみると、付属品を収納する機能などはなく、純粋に“ディスプレイ用の台座”という印象だ。ヘンリー君を家の上に乗せてみると、また単体のときとは違った愛らしさがある。

 正直、真っ赤な掃除機が白い壁を背景にして置かれていると、ましてやその掃除機に顔が描かれていると、多少の違和感を感じてしまうのだが、家とセットになっていることにより、ワンクッション挟んでいるせいか、オブジェとしての完成度が急に上がったように見える。撮影中、通りかかった女性社員が「かわいい!」を連発していた。好きな人にはたまらない世界だろう。小さい子供がいる家庭にも喜ばれるかもしれない。

 家事のパートナーとなる掃除機に、親しみやすさを求める人にまず勧めたい一台だ。


ホースをかけるフックも付いている ホースはかなり長い 身長174cmの男性が操作してもホースの長さに余裕がある

付属品。通常のヘッドのほか、ノズルやブラシなど4つのパーツが付いている ヘッドにはブラシがついており、ブラシ部分を立てたり、寝かせたりできる ブラシを寝かせたところ

【動画】ゴミを吸い込む様子(WMV形式, 1.69MB) パイプの途中で空気を逃がすことによって吸引力を切り替える仕組み 吸引力を弱く設定した状態




URL
  Numatic(英文)
  http://www.numatic.co.uk/
  Henry 公式サイト
  http://www.henry-japan.com/
  Henry House
  http://henryhouse.jp/



PR  




2007/02/05 00:00

- ページの先頭へ-

家電Watch ホームページ
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.