家電Watch logo
記事検索
バックナンバー
【 2009/03/30 】
やじうまミニレビュー
DO-SEE「LEDライト付きスタンドルーペ」
[00:01]
家電製品ミニレビュー
ツインバード「コンパクトフライヤー EP-4694」
[00:01]
【 2009/03/27 】
家電製品ミニレビュー
三菱「蒸気レスIH NJ-XS10J」
[00:02]
やじうまミニレビュー
L.L.Bean「ボート・アンド・トート・バッグ」
[00:01]
【 2009/03/26 】
やじうまミニレビュー
アイリスオーヤマ「サイバークリーン」
[00:01]
家電製品長期レビュー
三洋電機「eneloop bike」(4/4)
[00:00]
【 2009/03/25 】
やじうまミニレビュー
オーエフティー「自動給餌機 Newビストロ」
[00:01]
家電製品ミニレビュー
日立「クリエア7 EP-CV1000」
[00:00]
【 2009/03/24 】
やじうまミニレビュー
「家庭菜園 かいわれくん」
[00:02]
長期レビュー
シャープ「プラズマクラスターイオン発生器&加湿空気清浄機」 (4/4)
[00:01]
【 2009/03/23 】
やじうまミニレビュー
撥水ペーパーのメモ帳と“現場仕様”のボールペンを試す
[00:01]
長期レビュー
三洋電機「eneloop bike」 (3/4)
[00:00]

やじうまミニレビュー
ベルーナ「ワンちゃんのお散歩電動ウォーカー」

〜雨の日にうってつけの室内運動マシン
Reported by 清水 理史

 我が家では”キャンセル”と呼んでいるが、雨の日は基本的に犬の散歩には出かけない。かわいそうだとは思うが、散歩から帰ってきてからシャンプーして、乾かすなんてしていると、軽く2時間コースの仕事になってしまうからだ。

 というわけで、雨の日が続くと機嫌が悪くなる我が家の相棒のために入手したのがコレ。ベルーナから販売されている室内犬用電動ウォーカー「ワンちゃんのお散歩電動ウォーカー」だ。

 一目見ればわかると思うが、フィットネスクラブなどに設置してある電動ウォーカーのペット版となっており、筒状のベルトを前後2本のローラーで後方に送り出すことで、その上に立たせた犬を自動的に歩かせるしくみになっている。通常3万円前後の価格で販売されている商品だが、現在は同社の直販サイトで、15,800円と半額近くで購入できるようになっている。なお、室内犬用ということで、体長50cmまでの犬にしか利用できない。大型犬には使えないので注意が必要だ。


「ワンちゃんのお散歩電動ウォーカー」正面。灰色のベルトが回転し、その上を犬が歩く仕組みだ 本体側面には、犬がベルト外へ出てしまわないように、青いガイドが備えられている 本体背面のスチールの枠に専用のリードが備え付けられる。これを犬の首輪にセットして使用する

 届いた製品を見た最初の感想は、予想以上に本格的な作りになっているな、ということだ。スチールフレームでがっしりとした作りとなっており、犬が歩く歩行ベルトを回転させるためのモーターやローラーも本格的だ。ベルトはたるみがなくピンっと張られており、犬が歩いたときに滑らないようなザラザラの加工もなされている。もともとの価格がそれなりに高いだけあって、予想以上に高い品質の製品だ。

 ただし、実際に購入するときは、サイズと重さに注意した方が良さそうだ。室内犬用と言っても本体サイズは52×108×46〜55cm(幅×奥行×高さ)とかなり大きい。また、前述したローラーやモーターの関係で本体は22kgと非常に重い。玄関から2階のリビングまで運んだが、かなりの重労働だった。

 早速利用してみたが、なかなか面白い商品だ。慣れさせるため、組み立ててから数日ほど使わずに放置しておいたおかげもあって、我が家の場合は違和感なくベルトの上に乗ってくれた。ベルトの上でおすわりをさせてから、ダイヤル式のコントローラーを回すと、非常にゆっくりとベルトが動き出す。はじめは驚いた様子で腰が引けていたが、慣れてくるとテクテクという感じでゆっくりと歩き出してくれた。


慣れさせるため、組み立ててから数日ほどは動かさずに放置しておいた。おかげで違和感なくベルトに乗ってくれるようになった コントローラーによって速度を0〜5km/hの無段階に調節可能。最高の5km/hで小走りといった感じだ

 はじめはゆっくりとした速度(1km/h以下)で使っていたのだが、あまり遅すぎると左右に動いたり、前部のローラー部分に興味を示してニオイをかぎ出しはじめたため、速度を上げることにした。歩行ベルトの速度は無段階に調節可能となっており、コントローラーのダイヤルを回すことで0〜5km/hまで調節できるようになっている。イメージとしては、3km/hくらいで普段の散歩で歩く速度、最高の5km/hで小走りといった感じだ。


【動画】実際に歩かせているようす。ゆっくりした速度から徐々にスピードを上げ、最高速からまた徐々に速度を下げている(WMV形式、約927KB)
 あまり速くするとベルトに追いつかないかと心配したが、ベルトの速度に合わせて歩調をうまく速めてくれたおかげで、最高速度でもタッタッタッタ、という感じでリズミカルに小走りしてくれた。端から見ている限りは、なかなか良い感じだ。

 ただ、乗っている本人(犬)が楽しそうかというと、これは難しいところだ。速度にもよるが、ものの数分でゼーゼーと息を切らせる様子が見られた。普段の散歩なら、「まだ走るのか!」とこっちが驚くほど活発に動き、それでも元気一杯の様子だが、早い設定にすると、ちょっとの運動でも激しく疲れるようだ。

 おそらく、自分のペースで歩けない(走れない)のが原因だろう。普段の散歩なら、前後にペースを変えて歩いたり、止まってあっちこっちのニオイを嗅いだりと、自分のペースで歩くことができる。本製品ではそれができずに、ただひたすら歩く(走る)ため、普段以上に疲れるようだ。散歩というよりは、やはり運動に近い感じだ。散歩嫌いでなかなか歩かない犬の肥満防止などに適してるかもしれない。

 使ってみて、ひとつ興味深かったのは、場合によっては条件反射にうまく使えるかもしれないということだ。たとえば我が家の犬は散歩のときに大便をするクセがあるが、「ワンちゃんのお散歩電動ウォーカー」に乗せると、散歩と勘違いするのか運動後に大便をする機会が多い。うまくトレーニングすれば、大便をするタイミングを「ワンちゃんのお散歩電動ウォーカー」でコントロールすることも不可能ではなさそうだ。単純な運動器具としてだけでなく、何かしらのトレーニングと組み合わせて利用するのも面白いかもしれない。





URL
  株式会社ベルーナ
  http://www.belluna.co.jp/
  製品情報
  http://www.belluna.net/sh/do/online/ProductDetailCmd?op=showDetailProductsDisplay&catalogCode=NE98&productCode=02697&genreCode=0900

関連記事
やじうまミニレビュー
山佐時計計器「わん歩計」(2007/01/11)




PR  




2007/01/24 00:00

- ページの先頭へ-

家電Watch ホームページ
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.