家電Watch logo
記事検索
バックナンバー
【 2009/03/30 】
やじうまミニレビュー
DO-SEE「LEDライト付きスタンドルーペ」
[00:01]
家電製品ミニレビュー
ツインバード「コンパクトフライヤー EP-4694」
[00:01]
【 2009/03/27 】
家電製品ミニレビュー
三菱「蒸気レスIH NJ-XS10J」
[00:02]
やじうまミニレビュー
L.L.Bean「ボート・アンド・トート・バッグ」
[00:01]
【 2009/03/26 】
やじうまミニレビュー
アイリスオーヤマ「サイバークリーン」
[00:01]
家電製品長期レビュー
三洋電機「eneloop bike」(4/4)
[00:00]
【 2009/03/25 】
やじうまミニレビュー
オーエフティー「自動給餌機 Newビストロ」
[00:01]
家電製品ミニレビュー
日立「クリエア7 EP-CV1000」
[00:00]
【 2009/03/24 】
やじうまミニレビュー
「家庭菜園 かいわれくん」
[00:02]
長期レビュー
シャープ「プラズマクラスターイオン発生器&加湿空気清浄機」 (4/4)
[00:01]
【 2009/03/23 】
やじうまミニレビュー
撥水ペーパーのメモ帳と“現場仕様”のボールペンを試す
[00:01]
長期レビュー
三洋電機「eneloop bike」 (3/4)
[00:00]

やじうまミニレビュー
電動缶オープナー「ワンタッチ」

〜ボタン1つで動く全自動缶切り
Reported by 本誌:伊達 浩二

電動缶オープナー ワンタッチ
 子供のころから不器用だったので、缶切りを使えるようになったのはだいぶ後のことだ。よく途中で開けられなくなっては、大人の手を借りていた記憶がある。

 電動缶オープナー「ワンタッチ」は、そういう人のための製品だ。もともとは米国製品で、日本では大作商事が販売している。購入価格は3,360円だった。

 着払いの宅急便で到着した製品の外観は、ちょっと長いマウスのようなデザインだ。缶を切る刃は裏側の手に触れにくい場所にひっこんでいるので、安心して持てる。

 電源は単3電池2本で、アルカリのほかニッケル水素などの充電池にも対応している。


ちょっと長いマウスのようなデザイン
本体裏側

刃は裏面の手の触れにくい場所にひっこんでいる
電源は単3電池が2本

 使い方は、缶の上に製品を置き、缶のヘリに位置を合わせてから、緑色のスタートボタンを押すだけだ。

 ちょっと安っぽいモーター音とともに、本体が回転し、缶を開け終わると自動的に停止する。本体の裏には磁石があるので、鉄製の缶であればフタはそこに吸着される。

 試してみたアスパラガスの缶では、最後がちょっと残ってしまったが、問題なく開けることができた。実際に切っているのは、缶のフタの部分ではなく、フチのちょっと下の側面だった。


【動画】缶詰を開ける「ワンタッチ」(WMV形式、約1.7MB) ちょっと残ってしまったものの、問題なく開けることができた

【動画】変形の缶では、途中で止まってしまう(WMV形式、約910KB)
 試しに楕円形の缶を試してみたところ、ちょっと動いてもすぐに停止してしまう。この状態では缶に噛みついたようになっているが、本体の裏にあるリバース(逆回転)スイッチを押すと逆方向に進んで、缶から外すことができた。

 多少の制限はあるにせよ、缶を開ける動作自体は面白い。ぜひムービーをご覧いただきたい。モーター音がうるさいのも、一生懸命働いている感じで、けなげささえ感じる。

 ただし、手放しで勧められるかというと、1つ気になる点がある。

 それは、今回スーパーに缶詰を買いに行って気がついたのだが、缶切りを必要としないリングプル付きの缶が主流となっていることだ。これは、場所柄にもよると思うのだが、そういえば最近、缶切りを使う機会がめっきり少なくなっていることに気づく。

 ほかにも、使える缶に制限があることや、缶切りとしては高価なこと、なども不利な条件だ。

 ただ、繰り返しになるが、コイツが缶を開けているのを眺めているのは、大変面白い。妻にネイルの趣味があれば、「リングプル式の缶を開けるときに、君のせっかくの爪を痛めては大変だから」とか言って買ってしまえるのだが。





URL
  大作商事株式会社
  http://www.daisaku-shoji.co.jp/
  製品情報
  http://www.daisaku-shoji.co.jp/p_onetouch_canopener.html
  製品情報(英文)
  http://www.onetouchproducts.com/



PR  




2006/11/16 00:06

- ページの先頭へ-

家電Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.