家電Watch logo
記事検索
バックナンバー
【 2009/03/30 】
やじうまミニレビュー
DO-SEE「LEDライト付きスタンドルーペ」
[00:01]
家電製品ミニレビュー
ツインバード「コンパクトフライヤー EP-4694」
[00:01]
【 2009/03/27 】
家電製品ミニレビュー
三菱「蒸気レスIH NJ-XS10J」
[00:02]
やじうまミニレビュー
L.L.Bean「ボート・アンド・トート・バッグ」
[00:01]
【 2009/03/26 】
やじうまミニレビュー
アイリスオーヤマ「サイバークリーン」
[00:01]
家電製品長期レビュー
三洋電機「eneloop bike」(4/4)
[00:00]
【 2009/03/25 】
やじうまミニレビュー
オーエフティー「自動給餌機 Newビストロ」
[00:01]
家電製品ミニレビュー
日立「クリエア7 EP-CV1000」
[00:00]
【 2009/03/24 】
やじうまミニレビュー
「家庭菜園 かいわれくん」
[00:02]
長期レビュー
シャープ「プラズマクラスターイオン発生器&加湿空気清浄機」 (4/4)
[00:01]
【 2009/03/23 】
やじうまミニレビュー
撥水ペーパーのメモ帳と“現場仕様”のボールペンを試す
[00:01]
長期レビュー
三洋電機「eneloop bike」 (3/4)
[00:00]

やじうまミニレビュー
クレハ「レンジでつくるスパゲッティ」

〜コンロを使わずにパスタをゆでる
Reported by 本誌:正藤 慶一

 好物のひとつに「スパゲッティ」がある。

 ミートソース、カルボナーラ、たらこに明太子、そしてあんかけなど、多種多様なソースのバリエーション……芯が通っていながら、それでいて柔らかいパスタの食感……そして両者が絡み合う絶妙なハーモニー……。嗚呼、考えているだけでよだれが出てしまう。

 しかし、自分で作るとなると話は別だ。なにしろパスタをゆでるだけでも一苦労。大きな鍋にいっぱいのお湯を沸かして、パスタをねじりながら鍋に入れて、パスタ同士のくっつきを抑えるため混ぜて、しかも混ぜすぎないようにたまに休んで、パスタの堅さを確かめて、鍋の湯を捨ててパスタをザルに上げて……と、面倒なことが盛りだくさん。

 しかも、さんざん苦労したあげくにゆで上がったパスタが伸びきっていたりすると、もううんざり。一応食べてみるもののおいしいワケがない。これじゃコンビニのを買ってチンする方がマシだ。

 そんな「スパゲッティ“作り”嫌い」のためなのだろうか、パスタをゆでる作業を、電子レンジで行なう商品があるという。早速ネットショップで調べてみると、その名も「レンジでつくるスパゲッティ」というものがあった。発売元は保存用ラップ「クレラップ」でお馴染みの株式会社クレハだった。希望小売価格は578円で、楽天市場での購入価格は360円と、手軽な値段もまたうれしい。


パッケージ
実物は、プラスチック製の保存容器をパスタ用に長くしたようなものだ
フタには調理方法が記されている

 実物は、プラスチック製の保存容器をパスタ用に長くしたようなものだった。パッケージの説明によると、容器内のお湯を熱して対流させることで、パスタ同士がくっつくことなく、ムラなくゆで上がるという。なお、庫内の左右幅が295mm、ターンテーブルの直径が240mm以上の電子レンジでのみ使用可能となっている。

 1度にゆでられるのは2人分(約200g)まで。フタには円形の穴があり、この穴にパスタを挿し込んだ量が1人分(約100g)になるという。その反対側にはスリットが入っており、調理後のお湯切りに使用する。フタは調理時には、吹きこぼれを防ぐために外す。

 容器に水とパスタを1人分入れ、塩を少々ふりかけて準備完了。ゆで時間は、パスタの袋に記載している時間に、1人分なら5分、2人分なら8分を足す。今回使用するパスタには「ゆで時間 7分」とあったので、レンジを7+5=12分に設定して調理スタート。

 それにしても、空腹の身に12分は長すぎる。残り半分くらいになると、パスタのおいしそうな香りがレンジから伝わってくるので、お腹が鳴って仕方がない。


フタには円形の穴があり、1人分のパスタを量る ゆで時間は、パスタの袋に記載している時間に、1人分なら5分、2人分なら8分を足す 側面には水を計測する目盛りが付いている

電子レンジに入れたところ。庫内の左右幅が295mm、ターンテーブルの直径が240mm以上でないと使用できない
パッケージに描かれていた対流の図解

 やっと12分が過ぎて調理完了。レンジを開けて取り出そうとするが、かなり熱くなっていてなかなか触れられない。フタをしめて取っ手を持てばなんとか大丈夫だが、誤って熱い部分に触れて火傷してしまうことのないよう注意したい。

 パスタをお皿に盛り、インスタントのたらこソースをかけて、たらこスパゲッティの完成。さっそく食してみると、うん、これは通常の作り方とほとんど変わりなくおいしい。パスタにはしっかり芯が通っており、またパスタ同士のくっつきやゆでムラもなかった。レンジの時間を変えれば、パスタを堅めや柔らかめにするなどの調節がききそうだ。

 コンロでお湯を沸かすことなくパスタがゆでられるのは、通常の作り方の手間を知っている人なら、ちょっとした感動を覚えることだろう。全国の「スパゲッティ“作り”嫌い」にお勧めしたい一品だ。


調理直後のパスタのようす
インスタントのたらこソースをかけて、たらこスパゲッティのできあがり。通常の作り方とほとんど変わりなくおいしい




URL
  株式会社クレハ
  http://www.kureha.co.jp/
  製品情報
  http://www.kureha.co.jp/living/02kk/index26.html


2006/10/27 00:01

- ページの先頭へ-

家電Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.