この冬買いたいご褒美家電

プロが選ぶ、今買いたいご褒美家電――前編

 本日より、前編と後編の2回に分けて、弊誌ライター陣と編集部員が選んだご褒美家電を紹介する。今年も1年間頑張ってきた自分に、ご褒美として買ってあげたい家電とは!!

【2014年 この冬買いたいご褒美家電――前編】
・パナソニックの美顔器「スチーマー EH-XS10」 by 神原サリー
・日立コンシューマー・マーケティングの布団乾燥機「アッとドライ HFK-VH500」 by 石井和美
・シャープの照明器具「LEDシーリングライト DL-C314K」 by すずまり
・カドーの加湿器「加湿器 HM-C600S」 by 藤山哲人
・フィリップス エレクトロニクス ジャパンの電動洗顔ブラシ「VisaPure」 by 阿部夏子

パナソニックの美顔器「スチーマー EH-XS10」 by 神原サリー

パナソニック「スチーマー EH-XS10」

 生活家電のほかにも美容・健康家電を守備範囲として取材し、発信している身として、さまざまな新製品を試し、肌のお手入れにも熱心なほうだと思う。とはいえ、仕事柄どうしても生活が不規則になりがちだし、何より生まれてすでに半世紀が経過している。「私の肌に潤いと癒しを!」と叫びたくなる気持ちも理解していただけることだろう。

 そんな私のごほうび家電といえばズバリ、Panasonic Beauty PREMIUMの「スチーマー EH-XS10」だ。リリースを見たときには「どうして黒?」「税抜き68,000円!!!」と、デザインやその価格に驚いてしまったのだが、つい先日、体験の機会を得て前言撤回。艶消しのブラック、天面のカバーのシルバーの組み合わせが上質感にあふれ、まさに大人の美容家電という感じ。

メーカー名 パナソニック
製品名 スチーマー EH-XS10
希望小売価格 68,000円(税抜)
購入場所 伊勢丹
購入価格 73,440円(税込)

 3つ並んだ温スチーム吹き出し口からの圧倒的なスチーム量で、おでこから目元、口元、そしてデコルテ部分まで、うるうるになる。しかも電動の「かっさ」がついていて、スチームを浴びながらフェイスラインに滑らせると、振動+かっさの刺激でとても気持ちがいい。

 陶板でできた「かっさ」も持っているのだが、クリームやオイルと併用しなければならないので、なんとなく面倒になって続かなかった。だが、これはスチームが滑りをよくしてくれて、手間いらずだ。冷ミストで引き締めて鏡を見てみると、すっきり艶々で小じわも目立たなくなったような気がする。

 これなら、この価格にも納得というもの。「続けるほどに効果が出るんです」とのアドバイスに、年末年始はこのスチーマーでじっくりお手入れすることに決めました。

パナソニック
http://panasonic.co.jp/
製品情報
http://panasonic.jp/beauty/premium/steamer.html

日立コンシューマー・マーケティングの布団乾燥機「アッとドライ HFK-VH500」 by 石井和美

日立コンシューマー・マーケティング「アッとドライ HFK-VH500」

 今年、密かに注目していたジャンルといえば布団乾燥機だ。ついに、あの鬱陶しい「乾燥マット」を使わないタイプが登場したのである。袋状の乾燥マットを出し入れするのが面倒で持っていなかったが、俄然欲しくなった。

 今年発売された乾燥マットなしの布団乾燥機は、シャープ「プラズマクラスター乾燥機 DI-DD1S」や、象印「スマートドライ RF-AA20」など。どれも気になっているが、個人的に欲しいのは、12月に発売されたばかりの日立「アッとドライ HFK-VH500」だ。ホースの先にU字型の大きめなアタッチメントをつけて運転することで、50度以上の風が上下左右に吹き出し、シングルの布団なら38分で乾燥が終わるという。

メーカー名 日立コンシューマー・マーケティング
製品名 アッとドライ HFK-VH500
希望小売価格 オープンプライス
購入場所 Amazon.co.jp
購入価格 13,297円

 アタッチメントの取り付けは、ホースにガチャッとはめるだけ。布団の奥に入れることができるので、隅々まで温風を届けることができそうだ。終わった後も、アタッチメントをはずして本体にそのまましまえばよい。

 特に花粉の時期は、外に布団を干すと鼻がかゆくてたまらなくなる。花粉の飛散は1月から始まるので、その前に準備しておきたい。今後も乾燥マットなしの布団乾燥機は各メーカーから続々登場しそうだが、取り急ぎアッとドライ HFK-VH500を使ってみたい!

日立コンシューマー・マーケティング
http://www.hitachi-cm.com/
製品情報
http://hitachi-ls.co.jp/product/life/hfk/hfk-vh500_hfk-v300/

シャープのシーリングライト「LEDシーリングライト DL-C314K」 by すずまり

シャープ「LEDシーリングライト DL-C314K」

 つい最近、10年住んだ木造戸建ての2階からマンションに引っ越した。新居は「より休息しやすく、より働きやすく」をテーマにして決めた。もちろん予算の範囲内でという条件はあるが、プライベートルームと仕事部屋を完全に独立させたかったのだ。結果、寝室も兼ねたプライベートルームは和室、仕事部屋は洋室と完全にわけることができた。

 以前より多少広くなったこともあり、掃除用のロボット家電も大きな憧れではある。が、実は今もっともこだわりたいと思っているのが明かりだ。仕事部屋は、透明感のある寒色系のライトで煌々と照らしたい。一方、休息目的のプライベートルームは、ふんわりした色にしたい。要するに光を使い分けて、オンオフのメリハリを演出したいのだ。

 というわけで、自分に買いたい家電として、さくら色で癒しと快眠をサポートしてくれるというシャープのLEDシーリングライト「DL-C314K」を選んだ。「エコあかリズム」なる仕組みが終日自動調光・調色しくれるという。まずは6畳のプライベートルームに導入し、さくら色の部屋の中でゴロリ。良質な睡眠ののち、翌朝シャキッと目覚めてバリバリ仕事! そんな暮らしに憧れている。

メーカー名 シャープ
製品名 LEDシーリングライト DL-C314K
希望小売価格 オープンプライス
購入場所 Amazon.co.jp
購入価格 48,500円

シャープ
http://www.sharp.co.jp/
製品情報
http://www.sharp.co.jp/led_lighting/ceiling/select/14/

カドーの加湿器「加湿器 HM-C600S」 by 藤山哲人

カドー「加湿器 HM-C600S」

 寒さが厳しく暖房を一日中付けっぱなしになる、これからの季節。自分へのご褒美としてプレゼントしたいのは、超オシャレな加湿器だ。

 これまでの超音波式の加湿器は、近くの家具や床がびしょ濡れになってしまったり、水が痛むので毎日のようにお手入れする必要があり、スイッチONですぐ加湿できるメリットが隠れてしまっていた。

 でもカドーの「加湿器 HM-C600S」は、ちょっと違うらしい。吹き出し口が高いところにあるので、ミストの粒子が少し大きくても、床に落下する前に空気中に蒸発し吸収される。この発想は理にかなっているし、その手があったか! と思い知らされた。

メーカー名 カドー
製品名 加湿器 HM-C600S
希望小売価格 44,800円
購入場所 Amazon.co.jp
購入価格 44,800円

 だから、他の超音波式の加湿器と違って、まったく床が濡れないのだ。しかも吹き出すミスト自体も小さいらしく、吹き出し口にモノをかざしても、あまり濡れない。超音波式のもう1つの弱点となっている、タンクに入れた水の菌抑制データも興味深い。しかも部屋に漂う菌の抑制効果もあるという。

 しかし、超音波式の加湿器にしては価格が高いので、なかなか手を出しづらい。なのでご褒美家電として自分に買ってあげたい。ん〜、ご褒美って言うより、実験の餌食かも?

カドー
http://cado.co.jp/
製品情報
http://cado.co.jp/products/hm/c600s.html

フィリップス エレクトロニクス ジャパンの電動洗顔ブラシ「VisaPure」 by 阿部夏子

フィリップス エレクトロニクス ジャパン「VisaPure SC5277/10」

 私が選ぶご褒美家電は、フィリップス エレクトロニクス ジャパンの電動洗顔ブラシ「VisaPure SC5277/10」だ。30歳を過ぎてからというもの、疲れや睡眠不足がダイレクトに肌に出るようになった。毎日きちんとしたケアをできればベストだけれども、忙しい毎日の中ではなかなかそうもいかない。これまでも美容家電は色々使ってきたが、とにかく使い続けることが難しかった。

メーカー名 フィリップス エレクトロニクス ジャパン
製品名 VisaPure SC5277/10
希望小売価格 オープンプライス
購入場所 Amazon.co.jp
購入価格 12,700円

 そんな私が今毎日使っているのが、VisaPureだ。顔は毎日必ず洗うものなので、使うのが億劫にならないというのが最初のスタートだったが、使い始めてからは手洗いでは満足できなくなってしまった。手磨きと電動歯ブラシの仕上がりが違うように、VisaPureで顔を洗うと、泡を落とした瞬間から違いが分かる。

 ツルツルとした手触りは、これまで体験したことのないものだ。毛穴の中までしっかり汚れが落ちているので、化粧水の浸透も良い。汚れが全部落ちて、肌がリセットされるようで、VisaPureで顔を洗った後はシートパックをしたくなる。

 15,000円前後という価格も、ご褒美としては手に取りやすい。肌に良いことを始めたいなと思っているならぜひ、手にとってもらいたい製品だ。

フィリップス エレクトロニクス ジャパン
http://www.philips.co.jp/
製品情報
http://www.beauty.philips.co.jp/products/visapure/sc5277_10/