記事検索
バックナンバー

家電製品ミニレビュー

無印良品 「LEDモバイルライト ハイパワーLED 0.5W」

〜コンパクトで明るい、折りたたみ式のLEDライト
by 藤原 大蔵
無印良品「LEDモバイルライト ハイパワーLED 0.5W」

 LEDライトの特徴は、消費電力が低いだけでなく、発光面積が小さいという点がある。そのため、白熱電球や蛍光灯を使ったライトよりも、器具の大きさやデザインの自由度が高いのだ。

 今回紹介する無印良品の「LEDモバイルライト ハイパワーLED 0.5W」は、そんな小さな光源部を活かした、コンパクトで明るいLEDライトである。

 「LEDモバイルライト」と言うだけあって、本体は携帯する事を意識したつくりになっている。重量は軽く、サイズは折りたためばスッキリとカバンに収まるほどコンパクト。しかも、電源はACアダプターと乾電池の両方で使用できるという。


メーカー 無印良品
製品名 LEDモバイルライト ハイパワーLED0.5W
希望小売価格 2,900円
購入場所 無印良品ネットストア
購入価格 2,900円

コンパクトなライトは2つの電源が選べる

 購入時の本体は、白い直方体状に折り畳まれて梱包されている。本体サイズは145×35×33mm(長さ×幅×厚み)。一見しただけでは照明器具だとわからないが、棒のような本体を開くと、「照明器具」に様変わりする。

写真右の直方体のものが折り畳んだ状態のライト本体だ。左側が付属するACアダプターである ベースの厚みは16mm。ベースには電源スイッチやACアダプター差込口がある。乾電池はベース内にセットする 光源部のアームの内側に、LEDチップが内蔵されている。光源部・支柱とも、その厚みも8mmと薄い
LEDチップは0.5Wハイパワータイプ。米粒ほどの小さなもので、透明なプラスチックカバーで覆われている 乾電池はベースの底を開けてセットする。電池は別売りなので、単四形を4本用意する必要がある

 本体は、ベース、アーム、光源部のアームの3つに分けられる。ベースにはスイッチ、ACアダプターの差込み口がなどがあり、支柱となる1本目のアームに繋がっている。さらにその先に繋がっている2本目のアームが光源部だ。光源部の内側には、大きさが米粒程度の0.5WハイパワーLEDが1つ、埋め込まれている。

 モバイルライトというだけあって、本体重量はわずか108g。別売の乾電池込みで重さを計っても、156gと、筆者が利用している携帯電話(164g)よりも軽い。付属のACアダプターも、53×32×31mm(同)とコンパクトで、重量が64gと軽い。コードの長さは1.8mとたっぷりあり、使いやすい。 

アームの角度調節はスムーズ。操作も簡単

可動のヒンジは2箇所。光源部のアームは水平回転できないのがちょっと残念だ

 点灯する前に、アームの可動域について触れておこう。

 コンパクトなモバイルライトだけに、アームは最大でも145mmと短く、可動部も2箇所のみ。したがって、アームをダイナミックに調節はできないが、ヒンジの動きはスムーズで動かしやすい。

 可動の様子は動画で撮影したので、以下をご覧いただきたい。



可動域はダイナミックではないものの、動きがスムーズで感触が良い

 ベース上のスイッチを押すと、点灯する。スイッチを押すたびに、High(強)→Low(弱)→消灯と切り替えることができる。スイッチの素材は、固いプラスチックの本体とは違い、柔らかいシリコン製。指に馴染みやすい上、暗闇でも感触だけでスイッチの位置がわかる。

 本体がとても軽いので、器具の安定性が不安だったが、乾電池を入れると重心のバランスが低くなり、安定して置いておけた。

 ちなみに、本体に充電機能は無い。また、ACアダプターが差し込まれている時は、AC電源が優先的に供給されるので、取り付けた乾電池が無駄に消費される事はない。

ウレタン製のスイッチは指への感触も柔らかい。押すごとにHigh(強)→Low(弱)→消灯と切り替わる 乾電池が入っていると安定性が増す。支柱を垂直にして光源部を水平に伸ばしても安定していた

十分に明るく、拡散性も良好なLEDライト

 光色はニュートラルな白色光だ。光源は、LEDチップ1個にすぎないが、明るさは十分。AC電源時、約200mm直下の明るさは「Highモード」で600lx近く、「Lowモード」でも280lx以上の明るさがあり、細かな文字でもしっかり読めた。

 乾電池を電源にするとさらに明るい。「Highモード」では610lxを超え、「Lowモード」でも290lxと、AC電源の明るさを上回った。

 光の拡散性も良好だ。テーブル上で新聞を照らしてみたのだが、新聞のほぼ半分に光を行き渡らせることができた。アームの可動範囲は大きくないが、手元付近を十分に照らせるほど光の拡散性がある。

AC電源使用時の「High」モード:595lx AC電源使用時の「Low」モード:約283lx 十分に本が読める明るさだ 乾電池使用時の「High」モード:613lx AC電源よりも明るかった
乾電池使用時の「Low」モード:約290lx 乾電池だからといって暗くならない 光はさほどムラもなく円形状に広がる。200mm壁面から離して、350mm以上の範囲が照らされた
器具を壁面に寄せて撮影した。配光角度は90°弱といったところ 20cm下の新聞を照らした様子。新聞の半ページほどしっかり光が届いているのがわかる

狭い場所にも置けるモバイルライトは、活用範囲が広い

 ここからは実際のシーンを想定して使ってみよう。

普段使いとして、枕元やソファの小さなサイドテーブルにちゃんと乗るほどコンパクト。明るさも読書灯になるほど十分ある 35mmのスリムな本体は細い窓枠にも置けるので、窓辺を演出するインテリアライトとしても活用できるだろう ベッドサイドにテーブルがなくても、ベッドの上で使える読書灯としても活用できそうだ。本体が全く熱くならないのはLEDライトの大きな特徴でもある

 スペースを取らずに置けるので、ベッドやソファのサイドテーブルにも収まりが良い。アームの可動域を活かす高さに置けば、読書灯としても活用でき、常夜灯にもよさそうだ。イザという時には懐中電灯にもなるので、枕元付近に置いておくにはピッタリだ。窓枠程度のスペースにも置けるため、窓辺を演出するアクセントライトという使い方も考えられる。

 長時間つけっぱなしにしても、本体や光源部が全く熱くならないから、ベッドの中に持ち込むこともできる。顔の周りに置いておいても熱くならない。ベース部を枕で挟みこめば、柔らかいベッドの上でも安定して使うことができる。ただし、使用後は消灯を忘れずに。

おぼんのサイズは320×240mm(幅×奥行き)新幹線やバスの座席前にある、備え付けのテーブルにも置けるだろう

 さらに、旅先に携行するライトとしてはどうだろう。試しに、おぼんを列車や観光バスの備え付けテーブルに見立てて、モバイルライトを乗せた。スペースはたっぷり残っている。

 新幹線やバスの備え付けのライトは暗い。近年視力が低下した筆者にとって、移動時の楽しみである読書がままならないのは辛いものだ。小さなテーブルにもちょこんと乗るLEDモバイルライトは、きっと重宝する存在になるだろう。


これだけ明るいのに、消費電力は1W以下! 

AC電源使用時「Highモード」でも、ワットチェッカーでは計測できないほど低い消費電力だった

 LEDライトというだけあって、消費電力は「Highモード」でも1W以下。ワットチェッカーでは測定不能なほど、消費電力が低い。よって、毎日8時間点灯し続けても、ひと月の電気代はたったの3円(AC電源使用時)。こんなに安い電気代なら、一晩中でも気兼ねなく点灯できるだろう。

 アルカリ乾電池を使用した場合だと、「Highモード」で約5時間、「Low」モードで約13時間の連続使用が可能という。AC電源のような気軽さはないが、電源が取れない車中での利用や、手軽な懐中電灯に活用できるだろう。

 なお、取扱説明書や無印良品の製品情報のページには、定格寿命が記載されていなかった。問い合わせてみたところ、定格寿命は40,000時間と、LED電球並みの長寿命を誇る。すなわち、毎日8時間使ったとしても14年以上も長く使い続けられるのである。

 2WAYの電源で稼動するこのLEDモバイルライトは、室内のインテリアライトとしてはもちろん、旅行や出張にも向いている。価格も手頃なので、ぜひ1つ備えてみてはいかがだろうか。





2011年2月23日 00:00