ニュース

スマホのアプリで操作できる壁面スイッチパネル

パナソニック「アドバンスシリーズ(リンクモデル)」

 パナソニック エコソリューションズ社は、新築住宅向けにスマートフォンで部屋の照明をコントロールできる配線器具「アドバンスシリーズ(リンクモデル)」を、2015年1月21日に発売する。

 電波無線を搭載した配線器具。自宅にいるときに、スマートフォンやタブレットから、専用アプリで照明器具をコントロールできるというもの。市販の無線ルーターと、アドバンスシリーズ専用の無線アダプターを繋ぐことで、スマートフォンの連携を可能にした。

 今夏、14年ぶりに壁面スイッチのデザインを一新した「アドバンスシリーズ」の第2弾製品となる。

「アドバンスシリーズ」で進化し続ける商品を展開

パナソニック エコソリューションズ社 エナジーシステム事業部の小笠原 卓氏

 発表会に登壇した、パナソニック エコソリューションズ社 エナジーシステム事業部の小笠原 卓氏は、製品について次のように語る。

 「スマートフォンユーザーは20〜40代に多く、住宅の購入世帯も30〜40代が7〜8割を占めることから製品化を考えました。アドバンスとは、先進性を意味する言葉です。進化させるという意味を込めて、デザインを一新した第1弾にくわえ、スマホ連携に対応した今回の第2弾、続けて第3弾と展開していきたいと思います」。

スマートフォンで照明の操作ができる
専用アプリから行なう
スマホ連携の仕組み
個別の操作や調光具合もコントロールできる
最大20回路まで接続可能

照明器具ごとの「個別操作」や、家全体の灯りを消灯する「一括OFF操作」機能

 スマートフォンからの操作は、「個別操作」「シーン操作」「一括OFF操作」「タイマー操作」の、4つの方法を備える。

 個別操作は、「リビング北側」「寝室中央」など、照明器具ごとに照明のON/OFFができる。調光レベルの細かい設定も行なえる。照明器具は最大20回路分までコントロール可能。なお、連携できるスマートフォンの数に制限はないという。

 シーン操作は、ワンタッチで複数のあかりを同時にON/OFFできるというもの。「シアター」「食事」「おやすみ」など、よく使用する生活シーンに合わせて、最大8シーンまで登録できる。

 一括OFFは、家全体の照明を消灯する機能。外出するときに、一括で灯りを消したいという要望に応えたという。また、玄関先に「一括OFF発信機」を付けることで、スマートフォンではなく壁面スイッチからも一括消灯が行なえる。

 タイマー操作では、設定した時刻に照明器具を自動でON/OFFできる。最大10件まで設定可能。就寝時間に照明がOFFになるよう設定をしておけば、うっかり眠ってしまっても安心だという。毎朝起きる時間に照明をONにするといった使い方も想定している。

個別操作
シーン操作
一括OFF操作
タイマー操作
シーン操作の実演
リビング・ダイニングの照明だけONに
製品ラインナップ

 「アドバンスシリーズ(リンクモデル)」は、新築住宅向けとしており、同社では、住宅会社やマンションのデベロッパーなどへのアプローチを行なっている。既存の住宅でリンクモデルを搭載するには、壁内の配線を引き直す必要があり、設置が難しいという。

 商品のラインナップとしては、タッチLED調光スイッチ(価格:11,620円)、タッチ一括OFF発信機(価格:8,120円)、無線アダプタ(価格:32,500円)、中継器(価格:25,000円)など、全9品番を用意する。いずれも税抜き価格となる。

 なお、今後は同社の「スマートHEMS」との連携も予定している。

(西村 夢音)