ニュース

“忙しい1週間を、おいしい1週間に”パナソニックのキッチン家電で「おいしい7days」を提案

 パナソニックは、“忙しい1週間を、おいしい1週間に”をコンセプトにした、キッチン家電製品群「おいしい7days」4製品の発売に先駆けて、メディア向けセミナーを開催した。

 製品は、360度の回転機構でかたまり肉を炙り焼きできる「ロティサリーグリル&スモーク」、マニュアルモードを強化した「ホームベーカリー」、スチームオーブンレンジ「ビストロ」、作り置きのおかずも1週間美味しく保存できる「パーシャル搭載冷蔵庫」をラインナップ。

キッチン家電4製品を通して「おいしい7days」を提案
ロティサリーグリル&スモーク NB-RDX100
ホームベーカリー SD-MDX100
スチームオーブンレンジ 3つ星ビストロ NE-BS1400
パーシャル搭載冷蔵庫 NR-F603HPX

 「おいしい7days」は、共働き世帯が増加する昨今において、料理に時間は掛けられないが毎日おいしい手料理を食べたいという、ユーザーの声を反映して始まった取り組み。

 “忙しい1週間を、おいしい1週間に”をコンセプトに、忙しい平日は時短調理に適した冷蔵庫やスチームオーブンでラクにおいしく、休日はロティサリーグリルやホームベーカリーで本格的な調理を家族や友人と楽しむライフスタイルを、キッチン家電を通して提案する。

平日は冷蔵庫やスチームオーブンで時短調理
休日はロティサリーグリルやホームベーカリーで本格的な調理

休日のごちそう作りから、日常使いまでできる「ロティサリーグリル&スモーク」

 中でも印象的だったのは、360度の回転機構を備えた新ジャンルのグリラー「ロティサリーグリル&スモーク NB-RDX100」。遠近赤外線ダブル加熱と回転機構を採用しており、かたまり肉を、360度回転させながら炙り焼きできる本格調理が特徴。11月上旬の発売を予定しており、価格はオープンプライス。店頭予想価格は55,000円前後(税抜)。

ロティサリーグリル&スモーク NB-RDX100
かたまり肉を360度回転させながら炙り焼きできる

 使用時は、専用カゴにかたまり肉をセット、カゴがゆっくりと回転し、遠近赤外線で外はこんがり、中はじっくり加熱する。これにより、肉のタンパク質の凝集を抑えられ、ローストビーフや焼豚なども水分をしっかり保持し、ジューシーに仕上げるという。

 グリル機能のほか、燻製調理やオーブン、トースター機能も備える。くんせい容器や焼き網などが付属しており、それぞれのメニューに応じて使い分けられる。庫内は広く、直径約25cmのピザに対応するほか、トーストは一度に4枚まで調理可能。

かたまり肉は専用カゴにセット
ロティサリーグリル&スモークの仕組み
くんせい容器
焼き網も付属。トースト4枚を一度に焼ける
パナソニック アプライアンス社 コンシューマーマーケティング本部 スモールアプライアンス商品部 キッチン商品課 三田 剛嵩氏

 パナソニック アプライアンス社 コンシューマーマーケティング本部 スモールアプライアンス商品部 キッチン商品課 三田 剛嵩氏は、製品について次のように語った。

 「ローストビーフなど、肉料理を自宅で作るときの不満として、均一に焼けない、肉が硬くなってしまうという声が多くありました。ロティサリーグリルでは、近火と遠火を繰り返してゆっくり加熱するため、水分を保って柔らかく焼き上げます。また、グリルだけでなくトースターやオーブンとしても使えるので、普段使いから休日のごちそうまで、毎日活躍する製品です」

 燻製は食材に合わせて、高温・低温の2段階で調整可能。燻製機能については、「パナソニックでは、スモーク&ロースター『けむらん亭』も展開していますが、けむらん亭は庫内が低く、対応する食材は高さ25mmまでで、うずらの卵やプロセスチーズなど、高さのない食材に適していました。一方ロティサリーグリルに付属するくんせい容器は高さがあり、50mmまでの食材に対応し、鶏卵やカマンベールチーズなども燻製できるようになりました。温度調節も可能になり、食材にあった最適な燻製を実現します」(三田氏)

 実際に、ローストポークと燻製の鶏卵を試食。ローストポークは外側はカリッとしながら、中からは肉汁が溢れジューシーな仕上がりに。360度回転させているため、脂も程よく落ちており、とても食べやすくなっていた。燻製の鶏卵も香ばしく、どちらもお酒が欲しくなる逸品だった。ホームパーティーなどで出したら喜ばれそうだ。

ローストポークはジューシーで美味しかった
本体には煙を軽減する機構を採用しており、炙り焼きや燻製調理も煙を気にせず楽しめる

こだわりのパンづくりができる「ホームベーカリー」

 また、ホームベーカリー「SD-MDX100」は、発売30年を区切りにフルモデルチェンジ。「ねり/発酵/焼成」を単独で設定できるマニュアル機能を追加した。11月上旬の発売を予定しており、価格はオープンプライス。店頭予想価格は45,000円前後(税抜)。

ホームベーカリー「SD-MDX100」
パナソニック アプライアンス社 ビューティ・リビング事業部 商品企画部 調理器商品企画課 主務 内田 さやか氏

 パナソニック アプライアンス社 ビューティ・リビング事業部 商品企画部 調理器商品企画課 主務 内田 さやか氏は、製品について以下のように述べた。

 「フルモデルチェンジにあたり、パン作りの市場を見直したところ、市場規模は推定156万人で、手作業でパンを成形する人は114万人、ホームベーカリーで成形する人は19万人ということがわかりました。手作業をする人は圧倒的に多いですが、その中でも手ごねや発酵は面倒と感じる人は意外と多いということもわかりました。手ごねや発酵はホームベーカリーが得意とする分野なので、手作り派の人にも楽しんでもらえるように、マニュアル機能を強化しました」

 マニュアル機能により、さまざまなパンに合わせて、生地の状態を確認するために一時停止をしたり、途中でねりの速度を変更したりなどの調整が可能になった。「ねり」「発酵」「焼成」が単独で設定できるため、ねりの工程後に一度取り出して具材を混ぜ、再びケースに入れて発酵。その後の成形は手作業で行ない、焼成はオーブンでするなど、こだわりのパン作りが可能になる。

手作業派の人でもこねや発酵の工程は面倒だという
操作部。マニュアルモードを用意
記者も実際にパン作りに挑戦。ねり、発酵まで完了したパン生地を成形
綿棒で伸ばす
縦長に切って数回ねじる。この後はオーブンに入れて焼成
焼成後。フルーツナッツスティックの完成。サクサクで美味しい

 また、生地メニューも追加。フランスパンに適した「ハード生地」、強くねる「食パン生地」を新たに用意し、さまざまなパンに対応する。

 今回はフルーツナッツスティック、枝豆を使った惣菜パン、クリームの入ったスイーツパン、3種類のパンを試食。

 フルーツナッツスティックはサクサクしておりお菓子のような食感で、惣菜パンは噛みごたえのある生地で食事向き、スイーツパンはふわふわで何個でも食べられそうな美味しさだった。1台で何通りもの食感を実現しており、飽きのこないパン作りライフが楽しめそうだ。

枝豆を使った惣菜パン
クリームが入ったスイーツパン。何個でも食べられる美味しさだった

平日は冷蔵庫やオーブンレンジで美味しく時短調理

 忙しい平日には、スチームオーブンレンジやパーシャル搭載冷蔵庫で、おいしい時短調理を提案。

 スチームオーブンレンジ「3つ星ビストロ NE-BS1400」は、ボウル1つでカレーやシチュー、パスタなどをおまかせで調理できる機能を搭載。6月1日に発売しており、価格はオープンプライス。店頭予想価格は17万円前後(税抜)。

 ワンボウルメニューは、1~4人分を食べたい分だけサッと調理できるため、忙しいときでもかんたんに食事を用意できる。シチューやパスタもボウル1つで作れ、洗い物も少なく後片付けの手間も軽減している。

スチームオーブンレンジ「3つ星ビストロ NE-BS1400」
食べたい分だけサッと作れるワンボウルメニュー

 パーシャル搭載冷蔵庫「NR-F603HPX」は、低温のパーシャルチルド室を搭載し、生鮮食品や常備菜、加熱前の食材を約1週間新鮮に保存できるという。9月15日の発売を予定しており、価格はオープンプライス。店頭予想価格は39万円前後(税抜)。

 常備菜を1週間保存できるパーシャルチルド室により、例えば大量に作ったカレーを2~3日おきに食べるということも可能。毎日続けて食べることなく、飽きずに食事を楽しめるという。

 また、前モデル「NR-F552XPV」と比較して、本体幅685mmはそのままに、定格内容積は551Lから600Lへと約50Lアップした。買い物かご2個分に相当し、週に一度のまとめ買いも余裕で収納できるという。

パーシャル搭載冷蔵庫「NR-F603HPX」。本体幅685mmで容量600Lを実現
調味料に漬けた肉など下ごしらえした食材も1週間保存できる。後は焼くだけ、揚げるだけの状態になり時短調理が可能
カレーも1週間保存。毎日食べることなく、飽きずに楽しめるという
容量は50Lアップ。買い物かご2個分に相当