ぷーこの家電日記

第103回:名前も見た目も使い心地も格好いい! ソニッケアー ダイヤモンドクリーン

 使っている電動歯ブラシの調子が悪かった。そしてとうとうぴたりと止まってしまった。あらら、壊れてしまった。と思ってよく見てたら歯ブラシではなく充電器の方が壊れてた。充電切れかぁ……。

 数日間手動の電動歯ブラシで歯を磨いたけれど、非常に使いづらい。止まっているエスカレーターを歩くあの感じと同じで、なんとも違和感とともにとても使いづらい。買い直さねばー。

 壊れた電動歯ブラシは使って2年程度。かなり安く買ったもので、「へぇ、値段の割には結構いいじゃん!」と思ってた。同じものでもいいけれど、何買おうかなぁ〜と迷っていた時、ヌードルメーカーでうどん作りながらハッと気づいた。「フィリップスって、ノンフライヤーとかヌードルメーカーとかで凄い! って思ってたけど、そういえばキッチン家電よりも元々歯ブラシが凄いあのメーカーじゃん!!!」と。今更気づいた同じメーカーだって(笑)。

 私が初めて買った電動歯ブラシは、20代前半の頃歯医者さんで勧められて買ったフィリップスの電動歯ブラシだった! いつ壊れたんだったか、そもそも壊れたんだったっけとか、記憶がなぜか無いんだけど、ものっすごく感動したのは覚えてる。めっちゃいいんだよね。フィリップスのソニッケアー。

 買うときは「歯ブラシ1本でなんでこんなにバカ高いの?? 特急みたいな名前して」と思っていたけれど、使い始めて「なんじゃこりゃぁ! 電動歯ブラシってめっちゃすごいな!」と伊達じゃない実力に驚いた(九州には「ソニック」という福岡ー大分間の特急があるのだ)。

 いつ買い換えたのかも覚えていないけれど、それ以降は価格がネックでソニッケアーを使ってなかった。

 よし。今回はソニッケアーだ!と、「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン」を勢いで買ってしまった。ソニッケアーの効果は前述の通り知っているし、見た目格好いいし、そして名前が格好良い(笑)。そんな単純な理由で、あまり調べたりもせずに俗に言う「衝動買い」的な感じでポンと買ってしまった。まぁいいか。毎日使うものだし。

 届いてみて開けると、思ったよりよさらに格好いい。歯ブラシで「格好いい」ってなんだって感じだけど、格好いいのだ。それだけで結構満足。早速使うために充電しようとして箱をガサゴソと見るけれど充電器は? あれあれ? って感じでそこで初めて説明書を開いてみた。

 そしたらなんと「ただのノベルティ?」って思ってたコップを充電台の上に乗せて、そのコップに歯ブラシを入れるだけで充電できるというビックリ仕様だった!!! 無接点充電凄い! コップに入れている写真は見てたけれど、まさか充電している画像だったとは!

 仕事から帰ってきた夫が「新しい歯ブラシ買ったんだね?」って見て、「なにこれ、なにこれ、めっちゃ格好いいね!」と目を見開いていた(笑)。

 充電のもう1つの機能も後から気づいて驚いた。先日の連休で帰省した時に付属のケースに入れて帰ったんだけど、ただのキャリングケースと思ってたケースが、充電ケースだった!!! ACアダプタでもUSBででも充電できる。何だか近未来気分。って思ったら、随分前からこの2つの充電機能があるんだね……。私、時代から取り残されてる感が(笑)。

 磨き心地は、もう言わずもがなって感じでものっすごく良い。壊れた前の安い電気歯ブラシも「悪くはないなー」と思っていたけれど、もうつるっつる感が全く違う。「やっぱすごいわ〜〜!!!」と、それしか言えない。美味しいものを食べた時に「美味しい」としか表現できないのと同じ。何がどうか分かんないけれどめっちゃ良い(笑)。

 あぁ……。テンションも上がったところで歯医者行くぞっ! 私ったらもう極度の歯医者嫌いで怖くて怖くてダメなのです。行かなきゃもっとダメなんだけれど、それでもダメなのです。

 以前思い切って思い切って通い始めた歯医者さんがとても良くて、少し緊張がほぐれてはいたのだけれど、引っ越しを機会に遠くなって、さらに仕事が忙しくて行ける頻度が下がり、さらにさらに歯医者さんから移転のお知らせが来て、もっと遠くなってしまってから完璧に中断してた。

 ただでさえ超絶苦手な歯医者さん。新しい歯医者さんを探すのは敷居が高いというかもう憂鬱すぎる。でも行かねば行かねば。我が家の近所の歯医者さん、今度思い切って行くぞー! おぉ〜!

徳王 美智子

1978年生まれ。アナログ過ぎる環境で育った幼少期の反動で、家電含めデジタル機器にロマンスと憧れを感じて止まない30代後半。知見は無いが好きで仕方が無い。家電量販店はテーマパーク。ハードに携わる全ての方に尊敬を抱きつつ、本人はソフト寄りの業務をこなす日々。