家電Watch logo
記事検索
最新ニュース
【 2009/03/30 】
世界の家電需要、電子レンジやエアコンなどが伸長
[15:49]
【 2009/03/27 】
三洋、消費電力が少なく除菌/脱臭効果も高い新電解水技術
[17:50]
シャープ、レンズ搭載で照射範囲が広くなったソーラー・LED照明
[15:16]
パナソニック、深澤直人デザインの照明器具
[00:04]
京セラ、京都府本庁舎に太陽光発電システムを設置
[00:03]
【 2009/03/26 】
ジレット、T字カミソリ「フュージョン5+1」とマンダム製品のコラボモデル
[17:08]
三洋、ドイツ「ミュージックメッセ」にeneloopを出展
[16:47]
パナソニック、最新美容家電が使えるサロンをEchika池袋にオープン
[00:03]
【 2009/03/25 】
Honeywell、手入れが簡単な静音仕様のサーキュレーター
[17:58]
2月のエアコン出荷実績、前年比13.3%の2ケタ減
[16:00]
2月の家電出荷額は前年同月比0.3%減の1,091億円
[15:59]
エレクトロラックス、世界のリゾートをイメージしたサーキュレーター
[15:02]

東芝、2010年度までに白熱電球の製造を中止

〜電球型蛍光灯・LEDなど省電力照明に切り替え

 東芝ライテック株式会社は14日、2010年度を目処に白熱電球の製造を中止し、電球型蛍光灯やLED照明などの省エネ製品に置き換えると発表した。

 地球温暖化ガスであるCO2の排出量を削減する取り組みの一環として行なわれるもの。白熱電球は価格は安価ではあるが、消費電力が大きく寿命も短いため、省エネ・省資源という観点から、電球形蛍光・LEDへの置き換えが叫ばれてきた。

 今回の方針により、ボール電球を含むE26口金の一般白熱電球81機種が製造中止となり、2006年度に年間4千万個製造していた生産ラインもすべて廃止される。今後は、白熱電球よりも消費電力の少ない電球型蛍光灯、LEDといった省エネ照明の性能向上に取り組み、環境負荷を抑える省資源の明かりを提供する方針となっている。同社ではこれにより、年間約50万トンのCO2が削減できるとしている。

 なお、ミニクリプトンランプやハロゲンランプなど、電球型蛍光灯に置き換えられない小型の白熱電球は対象外となる。

 一部報道によれば、甘利経済産業大臣、北畑経済産業事務次官により2012年までに白熱電球の廃止を訴える発言があったと報じられている。今回のリリースでも「甘利経済産業大臣並びに北畑経済産業事務次官の発言に呼応」したと述べている。





URL
  東芝ライテック株式会社
  http://www.tlt.co.jp/tlt/
  ニュースリリース
  http://www.tlt.co.jp/tlt/topix/press/p080414/p080414.htm

関連記事
東芝、寿命12,000時間の60W形電球型蛍光灯(2008/04/02)


( 本誌:正藤 慶一 )
2008/04/14 18:36

- ページの先頭へ-

家電Watch ホームページ
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.