家電Watch logo
記事検索
最新ニュース
【 2009/03/30 】
世界の家電需要、電子レンジやエアコンなどが伸長
[15:49]
【 2009/03/27 】
三洋、消費電力が少なく除菌/脱臭効果も高い新電解水技術
[17:50]
シャープ、レンズ搭載で照射範囲が広くなったソーラー・LED照明
[15:16]
パナソニック、深澤直人デザインの照明器具
[00:04]
京セラ、京都府本庁舎に太陽光発電システムを設置
[00:03]
【 2009/03/26 】
ジレット、T字カミソリ「フュージョン5+1」とマンダム製品のコラボモデル
[17:08]
三洋、ドイツ「ミュージックメッセ」にeneloopを出展
[16:47]
パナソニック、最新美容家電が使えるサロンをEchika池袋にオープン
[00:03]
【 2009/03/25 】
Honeywell、手入れが簡単な静音仕様のサーキュレーター
[17:58]
2月のエアコン出荷実績、前年比13.3%の2ケタ減
[16:00]
2月の家電出荷額は前年同月比0.3%減の1,091億円
[15:59]
エレクトロラックス、世界のリゾートをイメージしたサーキュレーター
[15:02]

松下、「パナソニック株式会社」に社名を変更

〜「ナショナル」ブランドは廃止へ

 松下電器産業株式会社は、10日に行なわれた2008年度の経営方針の説明会にて、社名を「パナソニック株式会社」に変更する方針を発表した。6月下旬に開催される株主総会にて定款変更が承認された後、10月1日付けで変更される。

 10月の名称変更後、生活家電・住設関連機器のブランドとして使用していた「ナショナル」ブランドを廃止し、2009年度を目処に、AV機器や海外向け製品のブランド「パナソニック」へと統合される。また、子会社で「松下」「ナショナル」が付く企業や、特約店「ナショナルショップ」も、「パナソニック」を冠する名称へと変更される。一例では、住設関連機器を取り扱う「松下電工」は「パナソニック電工」となる。


松下電器産業 代表取締役社長の大坪 文雄氏
 松下電器産業 代表取締役社長の大坪 文雄氏は、「パナソニックという1つの名前・ブランドのもと、グループがさらに強く結束し、パナソニックブランドの価値を向上させること」が目的と説明。大坪氏は「松下のブランド価値がここ2〜3年で思ったより伸びていない」と話し、その原因は、“松下”“ナショナル”“パナソニック”の3つのブランドに分かれていることにあると分析している。「社名やメジャーなブランドがいくつもある企業はまれだ。(現在の状況では)若干ローカルなイメージがある」ことから、3つに分かれていたブランドを「パナソニック」に統合。「グローバルエクセレンス(国際的な優良企業)に挑戦する会社にする」と意気込みを語った。

 “松下”、“ナショナル”を外すことについて、大坪氏は「長年、お客様やお得意様とともに築いてきた“松下電器”という名前、“ナショナル”ブランドは、私たちだけのものではない。手放すのは大きな決断だった」と、苦渋の決断であったことをのぞかせた。創業家出身の松下正治名誉会長と松下正幸副会長に対して、名称変更を打診した際には、「説明したその場で“松下の発展のためになるいいことだ”とサインをいただけた」というエピソードも披露した。


社名の統一は2008年10月1日に行なわれる 「松下」「ナショナル」という名称は廃止となり「パナソニック」に統合される

 なお、創業から掲げる「企業は社会の公器」「全ての活動はお客様のために」「日に新た」といった経営理念には変更はない。大坪氏はこれについて、「名称変更で理念が風化することがないように徹底させたい」としている。

 社名変更に関わる費用は、名義変更や看板の変更などにより概算レベルで「1〜2年で300億円前後」(大坪氏)。「今まで松下電器という名前で行なってきた寄付や、ナショナルブランドに対する宣伝投資を併せると200億くらいかかっていた。これをパナソニックに投入できる」と、コスト面でのメリットも強調した。





URL
  松下電器産業株式会社
  http://panasonic.co.jp/
  ニュースリリース
  http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn080110-4/jn080110-4.html?ref=news


( 本誌:正藤 慶一 )
2008/01/10 20:00

- ページの先頭へ-

家電Watch ホームページ
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.