家電Watch logo
記事検索
最新ニュース
【 2009/03/30 】
世界の家電需要、電子レンジやエアコンなどが伸長
[15:49]
【 2009/03/27 】
三洋、消費電力が少なく除菌/脱臭効果も高い新電解水技術
[17:50]
シャープ、レンズ搭載で照射範囲が広くなったソーラー・LED照明
[15:16]
パナソニック、深澤直人デザインの照明器具
[00:04]
京セラ、京都府本庁舎に太陽光発電システムを設置
[00:03]
【 2009/03/26 】
ジレット、T字カミソリ「フュージョン5+1」とマンダム製品のコラボモデル
[17:08]
三洋、ドイツ「ミュージックメッセ」にeneloopを出展
[16:47]
パナソニック、最新美容家電が使えるサロンをEchika池袋にオープン
[00:03]
【 2009/03/25 】
Honeywell、手入れが簡単な静音仕様のサーキュレーター
[17:58]
2月のエアコン出荷実績、前年比13.3%の2ケタ減
[16:00]
2月の家電出荷額は前年同月比0.3%減の1,091億円
[15:59]
エレクトロラックス、世界のリゾートをイメージしたサーキュレーター
[15:02]

トヨトミ、石油ファンヒーターの回収を呼びかけ

〜苫小牧の一酸化炭素中毒事故の報道を受け

LCR-3
 株式会社トヨトミは、同社サイトのトップページを、同社が製造した石油ファンヒーター「LCR-3」など5機種のユーザーに使用を中止し、同社サービス課へ連絡を促すものに変更した。対象製品は係員が各家庭を訪問し、製品を回収したうえで、同社の現行製品と交換する。

 回収の対象となるのは、同社が'82年〜'84年に製造した「LCR-3」「LCR-3-1」「LS-3」「LS-3-1」「LS-6」。同5製品は、一酸化炭素(CO)中毒を防止する不完全燃焼防止装置がついておらず、換気不足やフィルターの目詰まりなどで、最悪の場合、死亡事故に至る可能性があるという。このうち「LCR-3」では、死亡事故が実際に数件起きており、同社では'86年より製品の自主交換を行なっていたが、全製品の回収には至っていない。

 今回の呼びかけは、北海道苫小牧市のアパートにて14日、男女7人が一酸化炭素中毒死した事故において、同社の石油ファンヒーター「LCR-3」を事故原因とする一部報道を受けたもの。

 同社では、「警察の捜査が完了していない」として、事故と製品の直接的な関係にはコメントしなかった。今後の対応については「検討中だが、回収に向けて社告の準備を行なっている」という。







お問い合わせ先
  株式会社トヨトミ サービス課
  052-822-1144

URL
  株式会社トヨトミ
  http://www.toyotomi.jp/
  製品の自主交換について
  http://www.toyotomi.jp/kaisyuu.html


( 本誌:正藤 慶一 )
2006/12/18 13:54

- ページの先頭へ-

家電Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.