家電Watch logo
記事検索
最新ニュース
【 2009/03/30 】
世界の家電需要、電子レンジやエアコンなどが伸長
[15:49]
【 2009/03/27 】
三洋、消費電力が少なく除菌/脱臭効果も高い新電解水技術
[17:50]
シャープ、レンズ搭載で照射範囲が広くなったソーラー・LED照明
[15:16]
パナソニック、深澤直人デザインの照明器具
[00:04]
京セラ、京都府本庁舎に太陽光発電システムを設置
[00:03]
【 2009/03/26 】
ジレット、T字カミソリ「フュージョン5+1」とマンダム製品のコラボモデル
[17:08]
三洋、ドイツ「ミュージックメッセ」にeneloopを出展
[16:47]
パナソニック、最新美容家電が使えるサロンをEchika池袋にオープン
[00:03]
【 2009/03/25 】
Honeywell、手入れが簡単な静音仕様のサーキュレーター
[17:58]
2月のエアコン出荷実績、前年比13.3%の2ケタ減
[16:00]
2月の家電出荷額は前年同月比0.3%減の1,091億円
[15:59]
エレクトロラックス、世界のリゾートをイメージしたサーキュレーター
[15:02]

三菱、360度回転する円形ボディのサイクロン式掃除機

〜約8年間のメンテフリー機構も搭載

TC-C3FP レッド
 三菱電機株式会社は、360度回転可能な円形のボディを持ったサイクロン式掃除機「LAQURLI(ラクルリ) TC-C3FP」を、11月10日に発売する。希望小売価格は86,100円。

 円形の筐体の底面に5つの車輪を設け、水平方向に360度回転可能にした「センターサークル」方式のボディが最大の特徴。同社のニーズ調査で、「狭いところや入り組んだところで方向転換ができない」など、本体の取り回しに関しての不満が大きかったことに注目し、取り回しの良い掃除機を目指して開発された。

 ソファーやテーブルなど障害物の多い掃除環境でも、360度回転可能なため、追従性が良いという。本体そのものも直径約40cmとコンパクトで、障害物への引っかかりが少ないとしている。また、円形のボディの周囲にはソフトバンパーを採用。家具や壁に接触しても傷を付けないよう配慮されている。

 一般的な掃除機と形状が異なるため、内部構造も一から設計し直した。本体中心にモーターを配置する「ミッドシップモーターレイアウト」にし、重心を本体中心に置くことで、取り回し時の安定性を確保したという。


掃除機の取り回しに関するニーズが多かったことが開発のきっかけとなった 5個のキャスターを装備。キャスターがついた底面も、キャスター自体も360度回転する 家具を傷つけないように本体の縁取りはラバー製になっている

内部機構。サイクロン機構とダストカップが見える
 また、サイクロン方式では、一般的にフィルターのメンテナンスが煩雑とされるが、TC-C3FPでは、内蔵HEPAフィルターの自動メンテナンス機構を備え、約8年間メンテナンスが不要だという。フィルターは、円形のカップに沿ってつづら折りに配置されているが、そのカップが運転開始時と終了時に回転し、バネがカップをはじくことにより、付着したチリを除去する仕組みになっている。

 内部のフィルターには、「ナノテクプラチナ触媒」や「銀ナノHEPAフィルター」を採用。花粉やダニの死がい、糞などアレル物質をキャッチする効果や、脱臭効果があるという。

 このほか、ローラーの付いた自走式ヘッドを付属。ノズルは最大45cmまで伸びるほか、卓上や隙間掃除用のブラシも用意されている。一方、本体にはモーター周りの構造を迷路状に構成し、騒音と感じる高音域の音を和らげる技術を従来機から継承した。


HEPAフィルターは約8年間メンテナンス不要 HEPAフィルター。放射線状に配置されたひだの部分がフィルターになっている
ダストカップ

三菱電機 デザイン研究所の中町剛氏
 特徴的なボディ形状について、同社 デザイン研究所の中町剛氏は「これまでの掃除機のデザインは自動車がベース。自動車のイメージでは、直進的に掃除することしか考えていない。実際に掃除する空間は、家具があり、曲線の多い動きになる。車のデザインには似つかわしくない動きが必要。掃除機の動きの実態に即したデザインを追求した」と語った。

 TC-C3FPでは同時に、「リビングに置けるデザイン」も目指したという。円形のボディにホースを巻き付け、立てた状態で収納可能。幅390mm、奥行き360mmのスペースがあれば収納できるという。

 なお、型番中にある「C3」は、「Center Circle Cleaner」の略で、開発時のコードネームがそのまま製品型番になったのだという。

 消費電力は最大1,000W。吸込仕事率は最大500W。運転音は最大57dB。本体サイズは260×399×223mm(幅×奥行き×高さ)。重量は本体のみで4.1kg、ヘッドなど付属品込みで5.9kg。

 カラーバリエーションは、レッド、ホワイト、ブラックの3色。

 三菱電機ホーム機器の営業部 商品企画課長の樋口裕晃氏は同シリーズの今後の展開について、「円形のボディを選択したときから、将来性を見据えてやってきた。コードレス型やロボット型へも近い将来、応用されるだろう」とコメントした。


カラーバリエーション。左からレッド、ホワイト、ブラック スイッチ部分 「自動車のようなデザインの掃除機が実態にあっているのか」と考え直した結果が、円形ボディだったという

ヘッド
ヘッド裏には3色のブラシ。それぞれ抗菌処理が施される





お問い合わせ先
  お客さま相談センター
  0120-139-365

URL
  三菱電機株式会社
  http://www.mitsubishielectric.co.jp/
  ニュースリリース
  http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2006/1017-b.htm

関連記事
写真で見る 三菱電機「LAQURLI TC-C3FP」(2006/10/18)


( 本誌:伊藤 大地 )
2006/10/17 17:02

- ページの先頭へ-

家電Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.