家電Watch logo
記事検索
最新ニュース
【 2009/03/30 】
世界の家電需要、電子レンジやエアコンなどが伸長
[15:49]
【 2009/03/27 】
三洋、消費電力が少なく除菌/脱臭効果も高い新電解水技術
[17:50]
シャープ、レンズ搭載で照射範囲が広くなったソーラー・LED照明
[15:16]
パナソニック、深澤直人デザインの照明器具
[00:04]
京セラ、京都府本庁舎に太陽光発電システムを設置
[00:03]
【 2009/03/26 】
ジレット、T字カミソリ「フュージョン5+1」とマンダム製品のコラボモデル
[17:08]
三洋、ドイツ「ミュージックメッセ」にeneloopを出展
[16:47]
パナソニック、最新美容家電が使えるサロンをEchika池袋にオープン
[00:03]
【 2009/03/25 】
Honeywell、手入れが簡単な静音仕様のサーキュレーター
[17:58]
2月のエアコン出荷実績、前年比13.3%の2ケタ減
[16:00]
2月の家電出荷額は前年同月比0.3%減の1,091億円
[15:59]
エレクトロラックス、世界のリゾートをイメージしたサーキュレーター
[15:02]

ヤマハ、電動スクーター「EC-02」、「Passol-L」をリコール

〜バッテリ不具合で火災の恐れ

EC-02
 ヤマハ発動機株式会社は、同社の電動スクーター「EC-02(SY02J)」、「Passol-L(SY04J)」について、バッテリの不具合により、最悪の場合、火災に至るとして、国土交通省にリコールを申請した。対象ロットは出荷されている全ての製品。対象製品の無償修理を実施する。受付開始は10月6日から。専用フリーダイヤルを通じて行なわれる。

 今回のリコール対象となるのは、現在出荷済みのすべてのEC-02、Passol-L。対象台数はEC-02が3,115台、Passol-Lが300台。これらは、2005年4月から2006年6月に製造されたもので、シリアル番号は、EC-02が「SY02J-000036〜SY02J-003150」、Passol-Lが「SY04J-000009〜SY04J-000308」となっている。

 不具合は、製造工程でバッテリのプラス端子にバリが生じたことによるもの。これが原因となり、「充電時等に負極板が膨張し、バリがセパレータを破り、両極板が接触して短絡」し、「高温の白煙とともに電解水が噴き出」す恐れや、最悪の場合、火災に至るおそれがあるという。

 対象製品のユーザーには、対策済みのバッテリを無償送付する。なお、対策品を供給するまでの間に関しては、バッテリ容量が少なく、危険性のないものと交換する暫定措置をとる。

 リコール対象となるバッテリには側面にブルーのパネルが貼られているが、対策済みのバッテリにはグレーのパネルを添付するという。


リコール対象バッテリ、対策済みバッテリの見分け方





お問い合わせ先
  バッテリーリコール特設窓口
  Tel.0120-855-214

URL
  リコールについて(ヤマハ発動機)
  http://www.yamaha-motor.co.jp/recall/mc/recall/2006-10-05/index.html


( 本誌:伊藤 大地 )
2006/10/06 15:53

- ページの先頭へ-

家電Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.